ピンクサロン嬢の給料(時給)・仕事内容・待遇などの情報

堅実に稼げるけど肉体的にハードなピンサロ嬢・キャンパブ嬢の仕事内容。お店の求人情報の待遇欄には要注意です。

自分の値段がわかる?無料スカウト登録で夜の世界での価値をチェック!


高収入女性求人サイトぴゅあじょの広告画像です高収入女性求人サイトぴゅあじょ

仕事内容はハードだけど時給制なので安定して稼げるアルバイト

ピンサロ(ピンクサロンの略)とは店舗型の性風俗店のことです。

地域によっては呼び方が異なり、名古屋ではキャンパブ(キャンパスパブの略)と呼ばれています。

新宿歌舞伎町、大阪梅田・谷九、福岡中洲、札幌すすきのなどの繁華街に多く出店していて、派手な電飾の看板などが店舗の前に出ているのでかなり目立ちます。

お店の中はそれほど広くないことが多く、複数の席が簡易的な壁やカーテンなどで仕切られておかれています。

部屋の照明は全体的にかなり暗めです。

お客さんは席に座って、そこでピンサロ勤務の女性がとなりに座ったりして性的行為を含む接客をします。

風俗店ですが、アルコールを提供するお店もあります。

食事などはほとんど提供しません。

あったとしても乾きものくらいです。

五反田のピンサロ
「マリンサプライズ」HP画像

五反田のピンサロ「マリンサプライズ」HP画像

ピンサロ嬢・キャンパブ嬢の仕事内容

来店した男性に性的サービスを行います。

具体的にはキス・フェラチオ・手コキなどで射精まで導きます。

服装はドレスやキャミソールなど肌の露出度が高い服装で接客します。

お店のコンセプトによってはJK風制服やナース等のコスプレもあります。

女性が男性に対して一方的に性的サービスを行うだけでなく、男性も女性の体を触ってきます。

ピンサロでは特別触ってはいけない部分というのはありませんので、バスト・下半身・局部を含むほぼすべての部分を触られる可能性があります。

ピンサロは男性客の回転効率がよく、デリヘルやソープランドがひとりに男性に対して60分以上接客するのに対して、ピンサロは短い男性だと10分〜15分程度で済みます。

来店する男性も、じっくり女性との会話などを楽しみたいという感じではなく、とにかく抜きたいという男性が多いです。

なのでたくさんの男性の相手をすることになり、体力的にはかなりハードなお仕事です。

体力的な問題から週休3日程度とらないと疲労が抜けず、体がもたない女性が多いです。

マンツーマンで対応するピンサロも

基本的にはひとりの男性に対して複数の女性が対応します。

けれどお店によってはマンツーマンで数十分という風に定められた時間内でサービスをするピンサロもあります。

どちらが良いなど一概には言えませんが、性病のことを考えるとマンツーマンで接客するピンサロ店の方が性病感染率は低くなります。

性病の菌はどんな男性でも保持している可能性がありますので、性的接触をする人数を減らすことによって感染確率が下がります。

ピンサロ嬢の給料、時給

時給は3〜4,000円前後が相場とされています。
抜き有りの風俗の中ではこの時給はかなり安い部類に分類されます。

時給に追加で男性客につくごとに1,000円〜1,500円、指名が入れば1,000円〜2,000円という風に給料が増えていきます。
仕組みで言うと、時給+歩合制ですので出勤すれば確実に稼ぐ事ができます。

デリヘルやヘルスなど、ほとんどの風俗店が完全歩合制の中、時給制でもお給料がもらえるのは嬉しいです。

もし週5日出勤で、1日6時間勤務だとシュミレーションすると月収は60万円前後となります。

ただし、性病に感染したら仕事は休まなくてはいけません。

お客さんや自分が飲んだお酒に対してのドリンクバックはほとんどのお店がありません。

衛生面に不安があるので性病感染確率は高い

ピンサロには男性客用シャワーがありません。

なので男性客の性器はおしぼりで拭くだけです。

そしてそのままサービスを行うので消毒されていない、かなり不衛生な状態の相手を接客しないといけません。

なので性病感染の確率は他のシャワーが付いている風俗と比較するとかなり高いとされています。

さらに「花びら回転」というサービス中に女性が入れ替わるサービスがあるので、そこでまた性病の感染確率が高くなります。

性器にコンドームを着用すれば性病感染率はかなり下がりますが、プレイ中のコンドーム着用を義務づけているお店は少ないです。

また、体力的に弱っている状態だと体の抵抗力が衰えているので性病に感染しやすいです。

ピンクサロンは女性にとって肉体的にかなり辛い仕事です(1日に相手する男性の数がデリヘルなどと比べて多い)ので、仕事内容や労働環境を総合的にみるとかなり性病に感染しやすい風俗店です。

お店で婦人科や性病科と契約しているかどうか面接時に確認しておくと何かあったときに安心です。

働きはじめたら一ヶ月に一度くらいの定期的な性病検査をおすすめします。

仕事を探していて性病予防の面で重視したい項目があるのならスカウト型の求人情報サイトに登録して、希望欄に

  • ゴム着店のみ
  • お店が虜金を負担する定期性病検査有り
  • 生理休暇有り
  • 短期可能、月に1回の出勤でOK

などの条件を細かく記載して、条件を満たしたお店からだけスカウトをもらうとお店を探す手間が省けます。

かなり細かい希望条件がある女性は応募型ではなくスカウト型求人情報サイトの

・Qプリ

Qプリ

Qプリ

・ぴゅあじょ

ぴゅあじょ

ぴゅあじょ

に登録して、希望条件をしっかり記載してスカウトメールを待ちましょう。

風俗バイトの経験があるならプロフィールに掲載した方がスカウトされやすいですし、写メも写りの良い写メを登録すると良い条件のスカウトオファーをもらえる確率が高くなります。

特にQプリは体験入店するだけでお店からでなくQプリから1万円もらえたり、たとえ不採用だったとしても面接に行けば交通費として2,000円もらえますので、直接お店に応募するよりお得です。

またQプリが気になる方は以下記事を参考にしてください。
求人サイトを利用した裏ワザなどを紹介。

【人気記事】入店祝い金って本当に貰えるの?Qプリなら確実に貰えます!

Qプリはスカウト機能がおすすめの高収入求人情報サイト

ピンクサロンで働くメリット

先ほども述べましたが、時給制なので出勤すれば確実に高時給でバイトができます。

これがピンサロで働く最大のメリットだと思います。

ピンクサロンは店内が暗く、ひとりあたりの接客時間の短さからお客さんとの会話もあまりないので容姿などに関してはそれほど重要視されません。

なので体型に自信が無い(ぽっちゃり、ガリガリ、胸が無い)、顔に自信が無い、大きなタトゥーがある、など容姿に関してコンプレックスを持っている女性でも面接であまり不採用になることがありません。

また、年齢に関しても30代・40代でもそれほど違和感無く働くことができます。

もちろん主婦・人妻・シングルマザーでも働けます。

これらは男性客が支払う料金がデリヘルソープランドと比べてかなり安く、男性が女性に求めるものがそれほど高くない、というのが理由のひとつです。

他にも下記がメリットとして挙げられます。

  • 男性との会話がほぼ無いので、会話が苦手な女性でも特にトラブルは起きない
  • お酒が飲めなくても働ける
  • ほとんどのお店でノルマが無い
  • キャバクラと比べて営業時間が長い
  • 完全歩合制ではなく「時給+歩合制」なので出勤すれば確実に稼げる

ピンサロ勤務に向いている女性

上で説明したとおりピンサロにはルックスや年齢の制限が少ない事の他に、コミュニケーションがほぼ必要ないといったメリットもあります。

通常の風俗店だとある程度の会話が必要となります。それは接客業だからであり、お客さんも接客されることを望んで来ているからです。

お店の店長やスタッフに対してでも同じ事が言えます。

お店側はリピーターや本指名が欲しいので、やはりある程度のコミュ力を持った女性を採用したがります。これは接客業であればどんなお店にも言えることかもしれません。

そして、そういった接客などが苦手でストレスだと感じる女性も多いと思います。

でもピンサロにはそれがありません。

男性は若い女性やきれいな女性と会話をしに来ているのではなく、癒しを求めて来ているわけでもなく、ただ抜きにきていることが多いです。

なのでピンサロを「流れ作業の力仕事」だと思って割り切ってしまえば、むしろ楽に働くことが出来ます。

また、ピンサロは他の風俗店と違い、はたらく女性側の身元確認などが厳しくない傾向にあります。寮完備の住み込みで働けるお店も少なくありません。

その為、家出中や多重債務者など、訳アリの女性が働くのにもぴったりだと言われています。

営業時間・地域によっては昼サロと呼ばれています

ピンサロは基本的に夕方〜深夜の営業ですが、昼から営業しているピンサロもあります。

そのようなピンサロは「昼サロ」と呼ばれています。

昼サロだと男性の客層が多少変わりますが、サービス内容は変わりません。

愛知・名古屋ではキャンパスパブと呼ばれたりするように、地域や地方によっては似たような業種でも呼び方が変わるので注意してください。

大阪梅田のピンサロ
「学校でゴーゴー」HP画像

大阪梅田のピンサロ「学校でゴーゴー」HP画像

ピンサロの求人情報

ピンサロは女性の求人募集がかなり多いです。店舗も日本全国にあり、地方都市にもピンサロは多く存在します。

・Motto!

Motto!

Motto!

・365日マネー女子宣言


365日マネー女子宣言

のお仕事検索で求人はすぐみつかります。

365日マネー女子宣言では「ピンサロ」という職種ではなくて「サロン」という職種に分類されているので注意してください。

名古屋でピンサロの仕事を探すときは「キャンパスバブ」という名称で探してください。名古屋ではピンサロのことをキャンパスパブと呼びます(別に女子大生でないとバイトできない訳ではありません)。

ピンサロと同じで

  • 完全時給制+ドリンクバックなどがある
  • 高時給

このふたつ満たす仕事は他にセクシーキャバクラ・セクシーパブがあります。

これらは一言で言えばセクハラ有りのキャバクラです。

ただピンサロと比較すると「抜き」のサービスがありませんので性病にかかりませんし、オーラルセックスして口が疲れるということもありません。

セクキャバは別名おっパブとも呼ばれるように胸を触られますが、自分から攻めなくてもいいので肉体的にも精神的にもかなり楽になります。

時給も4,000円前後が相場ですので、ピンサロとほとんど遜色ありません。

人と会話するのが極端に苦手でなければまずはセクキャバで頑張ってみる、というのがおすすめでもあります。

セクキャバの求人は先ほども紹介したQプリにたくさん掲載されています。

Qプリはスカウト型の求人情報サイトで自分から応募することもできますし、お店からスカウトをもらうこともできます。

お店ではなくサイトがお祝い金や交通費を保証するシステムもありますので、まずは試しに登録することをおすすめします。

特に関東地方の求人に強く、関東地方ならセクキャバもピンサロも求人情報が多数掲載されています(ピンサロは「サロン」という職種で募集しています)。

まぎらわしいキャンパスパブ

前述したように愛知県名古屋市周辺ではピンサロのことを「キャンパスパブ」と呼びます。

名古屋ではキャンパスパブといえば=ピンサロですが、他の地域では大学生風の女性(20歳前後)がキャストとして働く素人キャバクラのことを指したり、女子高生コスプレをしているキャバクラやセクキャバのことを指したりします。

「キャンパス」ということで女子高生・女子大生を意識させるような内容になるようです。

求人に応募した時は念のため面接時に内容を確認してください。

名古屋のキャンパスパブ
「セーラー’S」HP画像

名古屋のキャンパスパブ「セーラー'S」画像

北海道の札幌・すすきのではピンキャバと呼ばれます

職業の呼び方が本州と違うことが多い北海道のすすきのではピンサロのことをピンキャバと呼びます。

おそらくピンクキャバクラの略だと思うのですが、すすきのではかなりの数のピンキャバ店が警察に摘発されるなどして現在はあまり店舗が無いようです。

存在していてもお店の質はあまりよろしくないとのことなのでセクキャバ・キャバクラなどの方が女性の待遇は良いかもしれません。

本番有りのピンサロ「本サロ」「裏サロン」の求人は危険

関東・北関東地方を中心に本番有りのピンクサロン、つまり「本番サロン(略して本サロ)」「裏サロン」が出店しています。

※以前はNK流として有名な埼玉県の西川口に集中していましたが、警察の摘発によりほとんどが閉店しました

通常の求人情報サイトには求人が掲載されませんが、スカウトマンやネットの闇・裏系掲示板などを見れば求人募集を確認できます。

  • ピンサロより時給が高い
  • お客さんの数も多い
  • ピンサロと比べて体力的に楽・疲れない

などのメリットを強調しているので魅力的に感じるかもしれませんが、本サロは警察にいつ摘発されるかわかりません。

勤務している女性が逮捕されることはまずありませんが、違法行為を手助けすることになりますので、本番有りのピンサロの求人や勧誘には注意してください。

ピンサロの仕事体験談・口コミ

  • 確かにお客さんはたくさんくるけど体力的に辛いしお金以外に得る物は何も無いからいいバイトとはいえない。風俗の中でも肉体労働みたいな仕事だから他の風俗で面接落ちたらいくところでしょ。
  • 体力って言うよりは顎が辛い。
  • 短い時間で抜きだけが欲しいひとばっかだから、仕事だって割り切ればそれなりに気分も楽ですよ。

新規体験談・口コミを投稿する

ピンサロ嬢のバイトが気になる人におすすめの職種

ピンサロ嬢に興味がある人に役立つ記事



Qプリ


この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね