高級クラブのホステスの仕事内容・アルバイト情報

高級クラブのホステスはレギュラー・アルバイト共に仕事内容が厳しいお仕事です



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

求人は少ないが、努力次第での夢のような高収入も期待できるバイト

高級クラブとは店舗に来店したお客様(主に男性)を女性が接客する飲食店です。

高級クラブはイメージばかりが先行している部分があり、男性女性両方とも誤解していることが多い仕事でもあります。

なので、まずは働く上で知っておきたい高級クラブとキャバクラ(ニュークラブ)の違いを説明します。

  • 接客方法が違います。キャバクラは男性客とマンツーマンで接客しますが、高級クラブはひとりの男性に対して複数の女性で接客します。
  • 高級クラブにはママと呼ばれる女性がいて、キャバクラにはほとんどママはいません。高級クラブはママの管理下で働きます。
  • 指名の仕組みが違います。キャバクラでは男性は好きな女性を毎回変えて指名できます。高級クラブでは永久指名と呼ばれ、一度係になったら女性は退店するなどしない限り変更できません。
  • 客層が違います。「一見(いちげん)さんお断り」という言葉がありますが、高級クラブに通っているお客さん、ホステス、クラブスタッフの紹介がないと高級クラブには来店できません。キャバクラにはお金さえ払えれば誰でも入店して遊べます。
    なので身元のまったくわからない男性が高級クラブに来店することはありません。
  • 高級クラブは営業時間が短いです。ホステスの女性の勤務時間は20:00〜24:00となっています。キャバクラは夕方から深夜朝方まで営業しているお店もあり、朝キャバ昼キャバなどもあります。高級クラブは土日休みですが、キャバクラは基本的に休みはありません。

このように明確に違う部分だけでもたくさんあります。

お店ごとの習慣や仕組みも違うのでキャバクラとは別物という印象で面接に臨むなどした方がすんなり対応できると思います。

高級クラブのホステスの仕事内容

高級クラブで働く女性のことをホステスと呼びます。

キャバクラで働く女性はキャバ嬢・ホステス両方で呼ばれますが、高級クラブではホステスという言葉で共通されています。

高級クラブというものが日本で誕生した時に「ホステスクラブ」と呼ばれていたことが勤務する女性のことを「ホステス」と呼ぶルーツのようです。

ホステスの仕事内容は来店した男性の接客です。

男性にとって心地よい空間をホステスみんなで作ることがメインの仕事です。

同伴・アフターはキャバクラと同じくあります。

同伴はお店がホステスに課すノルマとして設定されていることが多いです。

意外かもしれませんがこのノルマがキツイのもクラブの特徴です。ノルマを達成出来ないと数千円から数万円の罰金があるお店も少なくありません。

逆に「月の同伴10回で賞金」などもあるようですが、かなりハードルは高いようです。

アフターに関してはこちらもキャバクラと同じでホステスの体目的の男性がほとんどですので、これを相手の気分を害さずに上手にあしらうのもホステスのテクニックです。

高級クラブの女性は男性にとってキャバクラよりもハードルが高いものです。

簡単に体を許すとお店の評判にもかかわることですので絶対に安易な気持ちで体の関係を許さない方が良いです。

レギュラーとアルバイト(ヘルプ)

お店がオープンしている日に毎日出勤するレギュラーとアルバイト(ヘルプとも呼びます)のふたつに大まかに別れます。

普通の会社でいう正社員とアルバイトのようなものです。

高級クラブでレギュラーとして働く女性はもちろんかけもちなどせずに高級クラブのお仕事に専念します。

アルバイトは女子大生や専門学生などでも働くことができます。

給料の仕組みもレギュラーとアルバイトでは違います。

レギュラーのホステスは永久指名のお客さんの「係」になる

高級クラブではとても大事な言葉に「係(かかり)」というものがあります。

これは「永久指名としてつくお客さんの「係」になる」などのように使われます。

つまり、自分がついたお客さんに対して最初から最後まですべてにおいて責任を持つ、ということです。

キャバクラの指名制度とは全く違ったシステムになっていて、係はお客さんが選ぶのではなくお店側が決めます。

係とは簡単に言えば卓の監督のようなものです。ついたお客さんに好かれるだけが仕事ではなく、係のお客さんが好みそうなホステスを卓に呼んだりもします。

なのでお客さんの本命は係ではなくヘルプのホステスということが普通にあります。会いに来るのも同伴するのもアフターするのも、すべて本命のホステス相手。だけど売上は係のホステスへ入る、といったシステムです。

係についたお客さんがお金をたくさん使えばホステスの給料が増え、自分の休みの日に別のヘルプが接客していたとしてもお給料になります。逆に係についた男性が全くこなくなったら給料が減ります。

収入に関して言えば、どの人の「係」になるかで、大きく増えることもあるし、減る事もあります。

ホステスの時給、給料について

レギュラーで働いている女性に対しては日給+売上の○○%という風に歩合で支払われます。

なので、自分の力でお客さんを呼べるようになればお給料はどんどん上がります。

お客さんが自分以外のホステスと飲んでいたとしてもお給料は入ってきますし、ヘルプのホステスが頑張って営業や接客をしてくれればお給料に繋がります。

なのでヘルプの後輩を気遣い可愛がって協力を得る事も重要な仕事の一つです。

逆にレギュラーなのに全くお客さんを呼べないとクビになることもあります。

売上という結果で判断されるので普通の会社員と比べるととても厳しいです。

しかしその分見返りが大きいのは間違いありません。

有名店のナンバーワンともなれば月に4ケタ近いお給料のホステスもいるそうです。

ヘルプの女性は日給・時給制で売上の変動は給料に反映されません。

日給で2万~3万くらいが相場です。もちろん頑張りや人気によって上下はあります。

その分気楽にできますが、ヘルプに入るレギュラーのサポートを必死にしなくてはいけませんのでお店の人間関係を含め常に様々な所に気を配らなければなりません。

売り掛け、つまり「ツケ」に注意

取引先の接待で高級クラブを利用したり、大事な人をもてなすために利用したりする時にお客さんの男性は高級クラブの料金を支払う光景をもてなす相手に見られたくないものです。

なので実際にその場では現金・クレジットカードでは支払いをせずに後日支払うということがあります。つまりツケです。

ツケでその場をすますことはできますが、そのツケはレギュラーとしてお客さんに付いた女性(つまり「係」の女性)が働くお店に借金をしたような形になります。

よってもしお客さんがつけで遊んだきりお店を訪れずに支払いが無い場合はレギュラーがお客さんの利用料をお店に支払うことになります。

このようなこともあるのでお客さんの身辺調査や周辺の変化(会社の経営状況など)については常に注意しなくてはいけません。

そのために定期的に会社訪問をしたりお付き合いのある男性の会社の景気を知る為に経済誌に目を通す女性は多いです。

高級クラブで働く方法。求人広告はあてになりません

高級クラブと呼ばれるお店は求人広告をあまり出しません。

そのかわりスカウト、人の紹介、他店からの引き抜きなどによって働くことができます。

あまり求人広告で女性の募集はしておらず、働きたいからナイト系求人情報雑誌やサイトを見て応募したら高級クラブではなくキャバクラやラウンジだったという話はよくあります。

なので未経験女性が高級クラブで働く最短ルートは銀座など高級クラブがある地域周辺を歩いてスカウトに紹介してもらったり、高級クラブに通う男性や働いている女性・男性スタッフに紹介してもらうことです。

キャバクラなどでナンバーワンや人気上位になり、評判が様々なところに届くようになれば引き抜きのお誘いもあるかもしれません。

ですが、それは一朝一夕では難しいです。

求人情報サイトのhanahina(ハナヒナ)は関東・関西地方の

  • 高級クラブのホステス
  • キャバクラ嬢
  • 朝キャバ・昼キャバ嬢
  • ガールズバー
  • ラウンジ(ガールズラウンジ)

これらいわゆる「カンパイ系」と呼ばれる求人情報がとても充実しているサイトです。

仕事の探し方も簡単なので、迷うことなく自分の希望に合うお店が見つかるはずです。

面接から即日体入できるお店がほとんどですので、事前に心の準備をして応募すると話が早くなるかもしれません。

高級クラブのホステスの求人情報が掲載されているかなり珍しい求人情報サイトでもあります。

どんな女性が高級クラブで働くのに向いているか

  • お酒が少しでも飲める女性
  • 容姿・スタイルには自信がある
  • チームワークを乱さない、団体行動が得意
  • 好奇心旺盛で向上心が強い
  • 自分を磨く為の自己投資は惜しまない
  • 年上の男性とも落ち着いて会話ができる
  • 趣味が多い

このような資質を持つ女性は高級クラブで働きやすいです。

しかし、入るお金が多くなれば出るお金も多くなります。

和服・ドレス・着物などの衣装代はとても高いですがすべて自腹です。

さらに仕事前の髪型のセットなどの美容室代、お化粧代も普通の生活をしている女性よりはるかに高くなるでしょう。

お客さんへのお中元・お歳暮・誕生日プレゼント・バレンタインのプレゼントなどもすべて自腹です。

美容代とプレゼント代だけで年間数十万はかかります。

なので、向いている向いていないも当然大事ですが、それなりの覚悟が必要なお仕事でもあります。軽い気持ちで入るのは先輩女性にもお客さんにも失礼です。

お店のボス格であるママやチーママに気に入られることも大事です。

ママやチーママもプロとは言え人の好き嫌いがあります。

嫌われたら仕事がやりづらくなりますので、できるだけ仲良くして様々な経験をしてきたママやチーママから色々な知識を吸収してください。

高級クラブが多い地域は銀座・六本木・北新地など日本を代表する繁華街ばかり

高級クラブと誰もが認めるお店はそれほど多くありません。

なのでお店の場所も財界人、政治家、芸能人が通いやすい地域にあります。

列挙すると

  • 東京銀座・銀座8丁目
  • 東京六本木・赤坂
  • 名古屋栄・錦
  • 京都祇園
  • 大阪北新地
  • 福岡中洲

が有名クラブがある場所として有名です。

高級クラブの客層

やはりお金に余裕がある一流企業の経営者や役員、開業医や弁護士などなどの所得の多い自営業者、生まれついての資産家などがメインの客層になります。

年齢は40代〜60代くらいの方が多くなります。

キャバクラのように普通の会社員がくるようなことはまずありません。

高級クラブの様子がわかる本、ママさんが書いた本など

  • 銀座の秘密――なぜこのクラブのママたちは、超一流であり続けるのか – すご腕女性10人の金言
  • 銀座の矜持 ~「クラブ由美」が30年間、一流を続けられた理由~
  • 寄り添う―銀座「クラブ麻衣子」四十年の証
  • 銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方
  • 銀座ミーティング
  • 3カ月でプロポーズさせる銀座ママの極上テクニック

高級クラブのホステスの体験談・口コミ

  • 昼の仕事よりずっと厳しい。昼の仕事ができないからホステスになりたいって女性にはまず無理だと思います
  • ママさんに気に入られるか嫌われるかで待遇が違うので、そこには充分注意してください

新規体験談・口コミを投稿する

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事


Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね