1. 高時給のライブチャットと風俗バイトはどっちが稼げる?

共に高時給の風俗系バイトとライブチャットのメリットとデメリットなどを比較・検討してみました

最終更新日:2017年02月20日

ライブチャットのチャットレディと風俗バイトの違い

「お金が足りなくて今の生活を維持できない」「今より良い生活をしたいからお金が必要」という風な状況になったり、考え方を持つに至った女性は副業や内職をはじめることを検討します。

そして、ネット等で調べるとやはり風俗バイトが手っ取り早く、確実に稼げることがわかるはずです。

さらに副業関係のバイトを調べると、ネット社会になって登場した新しい仕事である「チャットレディ」も準風俗と言って良い内容のバイトで、待遇・条件も風俗並みに良いことがわかると思います。

このページではチャットレディと風俗バイトで稼げるお金とメリット・デメリット、さらには両バイトの本質的な違いを解説します。

風俗バイトを選ぶかチャットレディを選ぶか迷っている女性には特に参考になると思います。

リアルな世界で男性と触れ合うか、ネットでコミュニケーションをするか

風俗バイトは時には裸になり、男性と直接的に触れ合いサービスをします。

対してチャットレディは男性とはネット越しなので身体的な接触はありません。

この違いに関してはチャットレディに大きなメリットがあります。

風俗バイトは性的接触が含まれるため、いくら予防しても完全ゴム着店で勤務しない限り性病に感染する確率が高いです。

性病に感染すると、肉体的にも精神的にもダメージが大きいため、性病に感染する確率がゼロなのはライブチャットの最大のメリットと言えます。

肉体・精神だけでなく性病治療期間(数週間が目安)は仕事に出勤もできなくなりますので、お金の面でも厳しい状況となります。

よって安定して毎日コンスタントにお金を稼ぐという考えだとチャットレディの方が優れているということになります。

時給は共に完全歩合制

チャットレディも風俗バイトも基本的に完全歩合制です。

つまり、指名(ライブチャットの場合は男性のログイン)が無いとお金が発生しません。

お店やサイトによっては新人女性には時給を保証してくれたりするキャンペーンを実施しますが、それが永遠に続くということはありません。

すぐに通常運転の完全歩合になります。

風俗バイトとの比較なのでアダルトライブチャットを例にすると携帯ライブチャットのMocom(モコム)が最大時給8,280円となっています。

しかし、これは携帯のTV電話をした時に稼げるお金で、音声通話だと時給3,060円となります。

パソコンだと大手サイトの「ジュエル」が最大時給6,480円となっています。

しかし、パソコンライブチャットだとほとんどが「パーティーチャット」という仕組みを導入していて、パーティーチャットで同時に複数の男性とチャットすればログインしてくれる男性の数だけ給料が増えます。

ジュエルだとパーティーチャット時の時給は4,860円です。

風俗バイトでも複数プレイ(3Pなど)のオプションはありますが、複数の男性を相手にするのではありませんのでパーティーチャットの様に掛け算式で給料は増えません。

しかし風俗バイトの代表格であるデリヘルの平均的な時給は10,000円前後とチャットレディの最大時給より流石に高くなります。

さらにチャットレディとの比較だと、チャットレディの場合はあくまでも1時間チャットが続いた場合のお給料です。

チャトレ経験者はご存知だと思いますが、1時間アダルトチャットが続くことはまずありません。

どうしてもログイン時間は細切れになりますので、積み重ねて稼ぐしかありません(一部の超人気チャットレディは例外的存在なので除く)。

デリヘルの場合はだいたい最低でも1時間(60分)で指名が入りますので、一回指名が入れば事故等がなければ1万円前後のお金が手に入ります。

一回の指名で90分や120分間サービスをすれば女性の給料は時間分だけ増えますので、一回の指名が入った時の収入ではデリヘル嬢の方が有利だと判断できそうです。

※もっと長い時間指名が入ることもあります

ここまでは平均的なデリヘル嬢とチャットレディのケースを例にしました。

超人気デリヘル嬢とチャットレディの場合

デリヘル嬢もチャットレディも完全歩合制のバイトなので、人気がある女性とそうでない女性では明らかな格差が生まれます。

これは特にチャットレディのバイトでは残酷なくらい顕著に差が出ます。

超人気チャットレディはサイトにログインした直後に常連や、それ以外にもその女性を狙っていた男性がログインし、すぐにツーショットチャットがはじまったり、複数の男性がパーティーチャットを開始します。

時間帯によっては数十人もの男性が同時に女性のパフォーマンスを閲覧するので、時給に換算するととんでもない額のお金が女性の収入になります。

一回のチャットが終わってもすぐにまたログインしてくれる人がいるので、サイト自体にログインしている間は休みなく指名が入るような入れ食い状態です。

風俗バイトで例えるなら8時間出勤してずっと複数のお客さんを同時に接客している感じです。

当然その日の日給は物凄い額になります。

対して超人気デリヘル嬢は、高級店に在籍できたとしてもお客さんの単価が上がるのみです。

基本的に一対一のリアルな空間での接客なので、ライブチャットのように同時に複数人にサービス提供することはできません。

さらに、物理的な距離のせいで派遣先までの移動時間などもありますので8時間出勤しても3人程を接客するのが限界です(長時間の指名が入った時は別)。

高級デリヘルに勤務して、時給20,000円だと仮定します。

一回の接客が平均90分として、3回の接客で270分です。

20,000円×4.5時間(270分)=10万円という計算になり、最大でも日給は10万円です。

チャットレディの場合はパーティーチャットへのログイン数に限界が無いため、1時間のチャットで10人がログインしていたと仮定したら

4,860円×10人=48,600円

※ジュエルを例にしました

となります。時給が約50,000円ですね。

8時間勤務すれば日給40万円になります。

超人気チャットレディになると10人以上の男性が同時にログインすることもありますのでもっと稼げる可能性があります。

このように、デリヘルは体が一個なので稼げる額に限界がありますが、チャットレディは同時に数十人以上にネット越しでサービスすることができるので数字的な限界はありません。

もし容姿に絶対の自信があり、過激なパフォーマンスができる女性ならチャットレディの方がおそらく稼げるでしょう。

ただし、露出が増えると飽きられやすいという本質的な問題があります。

なので人気を維持するためにはテレビタレントのように常に工夫や変化することが大事になります。

人気が無い女性の場合、チャットレディは待機地獄に苦しむ

次は人気の無い女性のケースを取り上げます。

まず、人気の無いデリヘル嬢は常連客が少ないためフリーのお客さんやネット指名でのお客さんからの指名が主になります。

フリーとは、客の男性が派遣してもらう女性をお店のスタッフに選んでもらうタイプの指名です。

客が好きなタイプの女性などをざっくりと伝え、スタッフは男性が満足してくれるような女性を選びます。

しかし、フリーだとすぐに派遣できる女性が少ない時はその時に待機中の女性が選ばれます。

なので直接的な指名がなくてもフリーでお客さんを回してもらえるので、いわゆる「お茶を挽く」状態にはなりづらいです。

ネット指名はお店のHPを見て指名することです。

お店のHPは写りの良い写真を使ったり、モザイク・ボカシを使うので実際の女性とけっこう違いように見えることが多いです。

なので、男性はそれを覚悟でネット指名します。

よって人気が無い女性でもフリーだけでなくネットからの指名もけっこうあります。

対してチャットレディの場合(特にパソコン)はカメラ越しに映像が見えますので、容姿的に他の女性より劣る人に対してログインしてくれる男性は少ないです。

容姿に自信が無くて顔を出さないで待機していても、ログイン後に顔を出しますし、そこで好みでないと判断されれば何も言わずにチャットが切られることもあります。

このあたりは直接顔と顔を合わせない分男性の方も遠慮が無くなります。

こんな感じだとチャットにログインしてくれずにずっと待機する「待機地獄」と呼ばれる状態になります。

待機地獄になっている女性は男性からもわかるため、なかなかログインしてもらえません。

ログインしてくれる男性がいてもすぐにチャットが終わるため、超人気チャットレディのようにパーティーチャットが賑わうことはありません。

数時間待機してもログインしてくれる男性が少なく、数百円しか稼げないこともあるでしょう。

このように人気が無い女性だと仮定した場合はデリヘル嬢の方が確実に稼げそうです。

※容姿に自信が無い女性は音声通話のみの携帯ライブチャットがおすすめです。顔は関係無いのでトークやパフォーマンスで人気を得ることができます

結論1 - 容姿に自信があるならチャットレディ

ここまで解説してきましたが、結論としては容姿に自信があるのならチャットレディの方がおすすめです。

理由としては

などが大きな要素となりました。

もちろんアダルトの人気チャットレディは裸を見せたりオナニーをするなどの風俗的な内容が含まれますが、少なくとも知らない男性に肌を触れられたりキスされたりすることはありません。

多少コミュ障気味でもカメラ越しなのでなんとかなる、というメリットもあります。

人との会話が苦手だと1対1で接客する風俗バイトは難しいと思いますが、チャットレディならタイピングのチャットも可能なのでコミュニケーションに苦痛を感じずに済みます。

もし自分の顔を男性客に見せたくなければ

・ガールズワーク(girl's work)

http://sngirls.net/

のような携帯ライブチャットを利用すれば大丈夫です。

ただ、写メ等の登録は必須なので普段とは印象が違う写真をプロフィール登録してください。

結論2 - 安定して確実に稼ぎたいならデリヘルなどの風俗バイト

チャットレディのデメリットは待機地獄に陥って稼げない女性がいることだと先ほど述べました。

待機地獄はとてもストレスになりますし、自分的に惨めな思いをすることになります。

稼ぐためにアダルト系の世界に入ったのにそれでも稼げないというのは悲しいです。

その点デリヘルなら少なくとも新人の間はフリーのお客さんをまわしてもらえますし、サービスで努力をすればそれがお客さんに伝わりやすく、常連を作りやすいです。

そこがチャットレディのような実際に会わないサービスと比較しても優位性かもしれません。

特別美人でなくても性格が良かったり、サービスが良かったりすれば一定のお客さんがついてくれます。

地味なことでもコツコツと積み重ねればトップクラスの人気嬢になれる可能性があるので、性格的に目的に向かって努力するのが苦でないのなら対人型の風俗店が向いているかもしれません。

補足 - 面接について

面接について説明すると、チャットレディのバイトは面接という考え方がありません。

各サイトの基準を満たせば誰でもバイト可能です。

基準は

などが一般的です。

パソコンが無い場合はプロダクションという代理店のようなものに所属すれば借りることができます。

詳しくは

通勤チャットレディプロダクション・代理店登録のメリットとデメリット

で確認してください。

年齢について言うと、高校を卒業しないとアダルトライブチャットで勤務することはできませんが、ノンアダルトライブチャットの「ライブでゴーゴー」は18歳になっていれば高校在学中でもバイト可能です。

こちらについては

ライブでゴーゴーのパフォーマー(チャットレディ)の求人情報

のページで詳しく解説しています。

デリヘル嬢などの風俗バイトの面接内容や合格難易度はお店次第です。

お店によっては面接では100%合格します!と宣言していますし、高級店ではほとんどが不採用になると求人ページに書いていることもあります。

まずは複数の高級店の面接に行き、それでだめだったら普通のクラスのお店の面接に行く、という流れがおすすめです。

高級店は給料が高いだけでなく、お客さんの客層も良いので気分良く働けます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

Qプリ求人女性募集