風俗嬢として働く女性のメンタルヘルス事情

デリヘル嬢やソープ嬢などの女の子はその特殊な仕事環境から、うつ病やパニック傷害などで精神に異常をきたしリストカットなどの自傷行為をする女性も多数います。

短期バイトでも長期バイトでも日頃のメンタルヘルスケアがとても重要です。



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

キャバ嬢・デリヘル嬢・ソープ嬢などの夜の仕事をしている女性にメンヘラが多いという説

夜の仕事をしているしていないに限らず、日本ではうつ病やパニック傷害などのメンタルに関連する病気に疾患する女性が年々増加しています(女性に限らず男性もですが)。

不景気による慢性的な人生不安や仕事のノルマ達成・昇進などのプレッシャー、核家族化・少子高齢化などの社会環境の変化、食生活や生活習慣の変化など様々なことが原因とされていますが、実際のところ人が鬱病にかかる原因は科学的に解明されていません。

うつ病以外のパニック障害や双極性障害などの精神疾患に関しても遺伝が関係しているという説もあれば、脳の機能異常だという説もあり、実は100%これが原因だというものは現在の科学でも証明されていません。

ただ、「夜の仕事・水商売に携わる風俗嬢にはメンヘラが多い」という説には理由が無い訳ではありません。

  • キャバクラでの同僚のキャバ嬢との競争やノルマによる過度のプレッシャー
  • キャバ嬢の時間外の営業活動や太客との特殊な関係
  • 同じお店の派閥等での人間関係やお客さんの奪い合い
  • 男性客の接客・会話によるストレス
  • ネット掲示板などによる名指しの誹謗中傷によって感じるストレス
  • 仕事中での過度の飲酒(キャバ嬢がガールズバーで働く女性が該当します)
  • 仕事を終えるのが遅いので、朝に寝て、夕方に起きるという生活習慣
  • 不規則な食事のタイミングとバランスの取れていない食生活
  • 室内にいることが多く、あまり日光に当たらない生活
  • 自分の仕事の将来や収入に対する不安

などの水商売や風俗バイトにつきものの生活環境はすべてうつ病の原因になりうるものです。

事実、水商売をしている女性の3人に1人はうつ病又は鬱状態だと言われています。

そしてそのうちの半数は自覚症状が無いそうです。

現役キャバ嬢やデリヘル・ソープ嬢のTwitterやブログを読むと「病む」「病んできた」などの言葉が多いのにも理由があるのです。

それに、そもそも風俗の世界に足を踏み入れたきっかけがメンタル的な理由で昼の職場で働く事ができなくなったからという女性もたくさんいます。

心や体の異変を感じたら心療内科、精神科に通院を

仕事をしているうちに

  • なんとなく心が晴れない、もやもやする
  • 理由も無いのにイライラする
  • わけも無く悲しくなる
  • 生理不順、生理が止まった
  • お酒を飲んだら妙にテンションが上がった
  • 心臓が理由も無くドキドキする(動悸がする)
  • 頭痛が止まらない
  • これまで楽しかった物事が楽しく無くなる

などの心身の症状が出たら要注意です。

これらはうつ病の初期の症状とも言えます。

その他にも以前とは違う、最近になって変わった症状に気付いた際はうつ病を疑ってみて良いでしょう。

私に限ってそんな事無い、と思っている人ほどうつ病にかかりやすく、その進行が早いと言われています。

相談しづらい悩みですが、もしも気になったら一度病院で検査をしてみる事をお勧めします。

休養をとったり、積極的にストレスを解消するなどすれば初期の段階ではすぐに回復すると言われていますので、出勤日を減らしたり、出勤時間を少なくするなど工夫してください。

頑張り過ぎが原因の大半です。どうしても働かないといけない事情があるのはわかりますが、体を壊して働けなくなる方が長期的に見てデメリットとなります。

仕事の悩み事があったらお店のスタッフや担当したスカウトマンに話をしたり、プライベートな悩み事なら友達と話をしてちゃんと吐き出しましょう。

特に仕事に関しては勤務する女性のモチベーション管理やメンタルケアも仕事のうちとスタッフも理解していますので、遠慮せず相談してみてください。

親身になり相談に乗ってくれる人が身近にいると、気持ち的にも楽になります。

特殊な仕事なのでストレスが溜まるのは仕方がありませんし、周囲に仕事のことを話すのが難しいので同僚の女性やスタッフが相談相手として最適です。

もし、休養・ストレス解消に努めても症状が治らない、悪くなるばかり、という場合は気が進まないかもしれませんが心療内科で診察だけでもしてもらった方がいいかもしれません。

心療内科では問診・カウンセリングを行い、症状によっては相談の上薬が処方されます。

参考までに説明すると、メンタル的に重度の異変がある深刻な状態になると

  • リストカットなどの自傷行為
  • 自殺願望・希死念慮(きしねんりょ)
  • 他人を心理的・物理的に攻撃する

などが症状として出る恐れがあります。

自傷すると傷跡がつきますし、裸になる風俗店で働いているなら傷が治らないうちは出勤できません。

もちろんその後の人生にも傷跡と共に大きく影響を及ぼします。

傷がふさがっても体中に傷跡がある女性はなかなか指名されづらくお金が稼ぎにくいというのが現実です。

ネット上には2chをはじめとした掲示板サイトや風俗の体験談や口コミサイトがたくさんあるので、自傷跡があるとそういう口コミが広がります。

もし目立つ自傷の跡がたくさんあるなら裸にならない風俗店へ移籍すると稼ぎやすくなるかもしれません。

ですが、そもそも論として自傷癖が止まらないような状態になる前に医者にかかることが重要です。

初期の段階ならデパスやワイパックスなどの精神安定剤・抗不安薬の処方が一般的

医者によりますが、病気の初期段階であれば精神安定剤・抗不安薬と呼ばれる「デパス」「ワイパックス」「レキソタン」「ソラナックス」などの処方が1週間から2週間で試されます。

1日数錠、という風に定期的に飲む場合と、頓服(具合が悪い時だけ飲む)で飲む場合があります。

どんな内服薬も基本的には水か白湯で飲みます。

アルコールと一緒に飲んだり、アルコールが体内にある状態で薬を飲むことは特にメンタル系の薬の場合は効果を高めたりする恐れがあるので良くないと言われています。

キャバ嬢や高級クラブのホステスなどは職業柄難しいかもしれませんが、薬とお酒の同時摂取はできるだけ控えましょう。

どうしても飲むタイミングが無い場合は、寝る前や起きてすぐなど、飲酒をしなければならない時間までの間を取るとよいようです。

抗鬱薬を飲む段階になると半年以上という長い期間での投薬に

精神安定剤・抗不安薬だと頓服でもよかったり、短期間の服薬でもいいのですが、抗うつ薬と呼ばれる薬を飲むようになると短期間では効果がなかったり、急に断薬すると離脱症状(りだつしょうじょう)と呼ばれる副作用のような症状が体にでる恐れがある(個人差は大きいです)ので、投薬期間は最低でも半年から1年程続きます。

抗うつ薬には「ルボックス」「ジェイゾロフト」「サインバルタ」「トレドミン」などがあります。

光トポグラフィー検査や磁気刺激治療

投薬治療に変わるうつ病の治療方法として光トポグラフィー検査や磁気刺激治療が注目されています。

投薬治療ではなかなか回復が実感できなかった患者もこれらの治療法で回復したという事例もあるようですが、また日本では保険が効かなかったり、治療できる病院が少なかったりしています。もし近くにこれらの治療法に対応している病院がある女性はひとつの治療方法として検討してみるのも良いかもしれません。

自分のメンタルを守るためには

キャバクラ、チャットレディ、デリヘルなど高収入のアルバイトをしているとどうしても心を病みがちになります。

仕事内容上仕方がない部分もありますが、せっかくお金を稼いでも気持ちを病んで体調を崩してしまっては意味がありません。

対策としては

  • 定期的に運動をする
  • 適度な休養をとる
  • ネット掲示板の誹謗中傷などを気にしない、ネットを見ない
  • アルコールなどに精神的に依存しない
  • お酒を含め食生活に気をつける
  • 稼ぐ目標金額を決めて、達成したらすぐに辞める
  • 仕事・職業と関係の無い趣味や友達を持つ

などが一般的な自己防衛手段となります。

もちろんこれらは自分自身で行わなければなりません。誰かが手助けをしてくれる事もありますが、まずは自分自身で動き出さなければ何も変わりません。

どうしても辛い、行動に移せない際は、友人や親族など、親身になってくれる人を頼るのも手段でしょう。

ネット上での理由の無い誹謗中傷や悪口をみかけたら

特にチャットレディ・デリヘル嬢で多いのはネットの誹謗中傷を気に病んで辞めてしまう女性です。

2ちゃんねるを代表とするネットの掲示板サイトは、誰でも気軽に投稿できて、なおかつ閲覧者がとても多いので理由の無い悪口を書かれる可能性があります。

  • メアド・住所・本名・通学している学校名などの個人情報
  • (デリヘル嬢などで)お客さんと本番行為をしているというデマ

これらの営業を妨害、名誉を毀損するような書き込みを放置しておいたらどんどん拡散するのでメリットがありません。

勤務先のお店に相談するなりして、対策をとってください。

個人でも対応することはできます。順序としては

  1. 投稿されている掲示板のURLの確認
  2. URLを元に運営会社、管理サーバーの特定
  3. メールなどで削除依頼を出す
  4. 削除完了

という流れになります。

ネットの誹謗中傷の削除を専門的に請負っている法律にも詳しい業者がたくさんいるので、多少お金がかかっても良いという女性はそのような業者経由で削除してもらった方が確実です。

また、脅迫じみた内容は法で裁かれるケースもあります。身の危険を感じるような書き込みに関しては警察などに相談するのも手段です。

ただし、一度ネットに出回った情報はすべてを削除・根絶することが難しいということは理解しておいてください。

メンヘラだから面接で不採用になるということはありません

風俗で働く前から心を病んでいて、それに気づかれたから面接で不採用になったり、働きはじめてから心を病んだからクビになるということはあまりありません。

もちろん日常生活を送れないくらいの状態なら面接は落ちますし、バイトもクビになりますが、これは仕事ができないので仕方がありません。

軽度だったり、薬さえ飲めば接客には全く問題ない状態ならメンタル面を理由にして不採用にはなりません。

ただ、接客業なので接客できないレベルまで行ったらどうしようもありませんので、そこは自分で状態を把握しながら休養をしっかりとって調整しましょう。

収入やお金が無くなったらストレスのない在宅バイトをする

メンタルを病んで貯金・収入が無くなってしまったらそれがまたストレスになります。

だからといって風俗バイトに戻ったらまた病むということの繰り返しなので、負担のかからず、好きな時間に在宅で出来るチャットレディがおすすめです。

チャットレディもアダルトOKにすると負担が大きいので、本当に完全にノンアダルトで男性とおしゃべりしたりメールしたりしながら楽しくバイトできるサイトを選びましょう。

おすすめは

・ライブでゴーゴー

http://lady.livede55.com/

18歳なら女子高生でも働くことが許可されているくらい安全性が高いアルバイトですので、風俗バイトとは全然違います。

ただし、これは仕方ありませんがアダルトライブチャットほどは稼げません。

それを理解した上で、楽しく会話しながらお小遣いを稼ぎたい方は登録してください。

サポートしてくれる女性スタッフもいますので、悩み事があったら気軽に相談可能です。

嫌になって辞めたくなったら即退会可能で、スタッフに止められることもありませんので安心して登録してください。

この記事を読んだ人におすすめの記事




Qプリ

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね