考える女性画像
Qプリ広告

求人応募前に口コミ等を調べておけば危険なバイトは避けられる!

高収入系の風俗バイト情報サイトに掲載されている求人情報は実のところよく嘘が書かれています。

もちろん嘘は良く無いのですが、例えばいきなり、

店舗スタッフ
「時給ではなく完全歩合制です。」

店舗スタッフ
「オプションが入ったらハードなプレイもしてもらいたいです」

なんて風に求人内容に記載があったら女性は応募してくれません。

ただ、本当でないことが書かれていたとしても、必ずしも嘘ではない部分もあります。なので求人内容を見ただけで判断するのではなく、応募する女性側でも事前に求人したい職業を下調べをしておくことが大事です。

下調べといってもすべてスマホやケータイで調べられることですので10分もあれば十分です。

時間を惜しんで何も調べないまま面接に行ったり、仕事をはじめると痛い目に遭うかもしれませんので、最低でもこの記事に書いてあることを参考に検討してください。

この記事では、

  1. 「安全な求人情報の探し方」
  2. 「日給〇〇万以上の本当の意味」
  3. 「時給制の高収入バイト業種一覧」
  4. 「店舗HPでチェックすべき項目」
  5. 「求人サイトでチェックすべき項目」

など、より稼げて安全な優良店の求人情報の見分け方を解説していきます。

脱がずに日給5万保証の人気エステ店求人情報はコチラから確認してください。

1掲示板の求人は嘘だらけ、求人情報サイトからバイトを探すのが◯

大前提ですが、携帯掲示板やLINE掲示板に書かれている仕事ではなく、高収入系の求人情報サイトの中から仕事を探してください。

これには理由があります。

求人情報サイトでは「風俗営業届」を警察に提出している風俗店の求人しかに掲載していません(サイト運営者が掲載前に届出を必ず確認しています)。

「風俗営業届けを提出している風俗店=違法営業している風俗店ではない(合法店)」ということになります。

違法風俗店の経営者は過去に問題有り=「危険な人間」

違法風俗店がどの様な人達で運営されているのか大まかに言うと

  • 「過去に犯罪歴がある人」
  • 「過去に風俗店を営業していたが、不法行為により営業を取り消された人」
  • 「未成年」
  • 「店舗の設備や管理が行き届いてないお店」

これらに該当する人達は、風俗営業の届出を認可してもらえません。

逆に言えば「届け出があるお店」ということは、これらに該当しない人達によって経営されているということです。

ネットの掲示板サイトに投稿されている求人やLINEでのスカウト・勧誘はどんな人達によって経営されている風俗店なのか全くわかりません。ですので、自身の身のためにも大前提として「風俗営業届」があるお店で働くことが大事です。

風俗営業届を出していないお店は違法店なので、入店したら危ない目に遭うどころか、何か起きればお店の経営者だけでなく働く女性も逮捕される可能性がありとても危険です。

2「日給3万円以上」「日給〇〇万円」という言葉の本当の意味

風俗バイトはほとんどの業種が完全歩合制なので、お客さんが一人も入らなければその日の給料は0円になります。

ですが、求人情報サイトなどには

  • 「日給35,000円以上」
  • 「月給80万円以上」
  • 「時給4,000円以上」

このようにあたかも日給や時給が保証されているように書かれています。

いわゆるソープ嬢を含む「ヘルス系」と呼ばれる形態のお店はほぼ完全歩合制です。

なので「働いている女性は平均的にこれくらい稼いでいます」という形で平均時給や平均日給が書かれているくらいに捉えてください。

手だけの日給5万保証のマッサージ人気店求人情報はコチラを確認してください。

店舗によっては日給保障がありますが、日給保障や時給保障をしてくれるお店はあまり多くありません。ヘルス系の風俗店は基本的に完全歩合制ですが、時給式の高収入バイトも存在します。

高収入バイトで時給制の職業一覧

これらの「飲食店」に分けられるお店は時給制を採用しているので求人情報サイトに掲載されている時給は正しいです。

ただ、風俗店でもキャバクラのような飲食店でも基本的に実力主義なので店内で一番稼ぐ女性と、平均的に稼いでいる女性とではかなり差がつきます。

なので、まとめると求人情報サイトに書かれている金額以上に稼げる可能性もあるし、稼げない可能性もあるということです。

3お店のホームページ(HP)でチェックすべき項目

現代の風俗店にとってホームページはとても大事な集客ツールですので、どの風俗店もホームページを持っています。逆に「ホームページすら持っていないお店」=「資金がない店舗」=「男性集客もできない」=「女性も稼げない」と言っても過言ではありません。

「HPすら無いお店に面接に行くのは正直時間の無駄」とも言えますので他の稼げる大手グループ店の面接へ行きましょう。

規模の大きいグループや人気優良店の特徴・見分け方

高収入求人サイトなどで、大手グループ店や優良店の見極め方は簡単で、

  1. 「男性のお客さん向けのホームページ」
  2. 「バイトを募集する女性専用のホームページ」

の二つのサイトを所有しています。

女性が風俗バイトを探すために求人情報サイトを眺めていると

check!「店舗HPへのリンク」

という箇所がみつかるはずです。これはだいたいが女性向けの求人ページへのリンクになっています。

アルバイトしてくれる女性を募集するためのページですので

  • 「高収入確実」
  • 「楽しく働ける」
  • 「メリットが沢山」
  • 「脱がない、舐めない、触られない」

などの言葉で「楽して確実に稼げるアルバイト」だという事を強調しています。

しかし、実際のところ前に述べたように完全歩合制だったりするので過大広告のような内容になっています。

実際のプレイ内容の確認方法

オナクラでよく使われる「脱がない、舐めない、触られない」という言葉ですが、女性が選ぶ事は可能ですが断ることが出来るとはいえ、オプションが入ればヘルスサービスや裸になるプレイが追加されます。

このようなサービス内容の違いを確認する方法は、男性向けと女性求人向け両方のホームページをチェックすることで解消する事ができます。

どんな仕事も「男性が希望する内容と払ってくれたお金」で仕事内容と給料が決まります。

実際のプレイ内容は男性向けホームページで確認できますし、男性が支払うお金も確認出来ます。

完全歩合制なら、男性が支払うお金の5割〜6割くらいが風俗系バイトの平均的な女性の取り分です(この数字を「バック率」といいます)。

4女性向け風俗求人サイトでチャットすべき項目

風俗求人サイトでチャックするべきポイントは、福利厚生(送迎、寮、個室待機の有無)などの待遇面くらいです。「給料」や「実際の仕事内容」は男性向けホームページで確認して男性料金の5〜6割が1本単価だと認識した方が確実と言えます。

また、「売れてるお店かどうか」は、求人情報サイトの以下の項目をチェックしてみて下さい。

  • 「ランキングページ」
  • 「お金がかかった広告を出しているか」 (バナー画像やピックアップ女性)
  • 「在籍女性」
  • 「出勤女性の人数」
  • 「お店のブログの更新頻度」
  • 「在籍女性の写メ日記更新頻度」

上記の項目を複数の求人情報サイトでチェックすれば、自ずとお店の売れ具合が分かります。

各店舗は各求人情報サイトによって広告予算を決めていますので、複数の求人サイトをチェックすることをオススメします。

稼げない・売れてない店舗の見分け方

稼げない店舗の見分け方は簡単で以下項目をチェックしてみてください。

  • 「ホームページの更新頻度」
  • 「出勤人数が少ない」
  • 「広告にお金をかけてない」

などを確認する事で一目瞭然です。

さらに店舗に電話してスタッフの電話対応を見るのも効果的で、売れてるお店ほど凄く対応が紳士的で良い対応をしてくれます。

男性の体験談や口コミをネットの掲示板等でチェック

最後にチェックするべき項目は、ネットでの男性からの評価や体験談です。男性はお客さん目線で評価しているので優良店・人気店かどうかわかります。

あまりにも口コミや体験談が少なければお客さんが全然入っていないと判断できます(よって入店しても稼げません)。

  • 「お店の名前+口コミ」
  • 「お店の名前+体験談」

とネットで検索すればたくさんのサイトがヒットするはずです。

「チェックすべき事」まとめ

  • 「本番などの違法行為が横行していないか」
  • 「口コミや体験談がたくさん投稿されているか」
    (多ければ人気店ということになります)
  • 「サービス内容が高く評価されているか」
  • 「従業員・スタッフのお客さんに対する接客態度」
  • 「事件性の高いトラブルなどを起こしていないか」

これらは特に注意してください。

時間に余裕があれば男性側目線での評価だけでなく、ホスラブなどでも検索してみてください。

ホスラブでは過去に働いていた女性の投稿があるかもしれません。

大事なことですが、これら掲示板の投稿を一個だけ見て鵜呑みにするのはとても危険です。

お店に対して悪意をもっている人が嘘の体験談を投稿している可能性があるからです。

こちらも必ず複数の体験談を見て、全体として評価してください。

絶対にありえないような嘘の投稿も沢山あるはずです。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事