Qプリ

ネットや風俗雑誌・求人サイトなどへの顔出しOKと顔出しNGによってどんなメリットとデメリットがあるのか

ネット・スマホ社会になった現在では、違法な風俗店裏風俗と呼ばれる様なお店以外はほとんどホームページを持っています。

ホームページ無しで経営している合法的な風俗店が多いのは、

  • ちょんの間
  • ピンサロ

このふたつくらいでしょうか。

なので、ほとんどの風俗店やキャバクラ・ラウンジ・ガールズバーなどが自分のお店のホームページを持っていて、男性客用の宣伝サイトとして運営しています(サイトの中で女性の求人もたいてい掲載されています)。

サイトのコンテンツの目玉は、やはりどんな女性が働いているかが分かる在籍女性リストと、出勤スケジュールが分かる出勤表です。

このふたつを見て男性はどのお店に通うか、どの女性を指名するかを決めます。

※他にも2ちゃんねるや風俗情報体験談サイトなども参考にするようですが、掲示板サイトなどは根拠の無い誹謗中傷や事実無根の内容であふれているので働いてる女性が閲覧するのはおすすめしません

在籍女性リストは女性のプロフィールでもあり、プロフィールの項目が充実しているホームページでは、

  • プロフ写真(複数枚)
  • 年齢
  • 身長
  • スリーサイズ
  • 性感帯
  • 得意なプレイ
  • NGプレイ
  • ブログ

など多数の項目について情報が掲載されていて、男性が女性を指名する際に参考にできるようになっています。

なので、このプロフィール情報が充実していると、一般的には指名数が増える傾向になります。

というのも、女性のプロフの情報量が多ければ多い程、男性は自分の好みあった人かどうかを他の女性と比較しながら判断できるからです。

顔出しをOKにするメリット-ボーナスなどがもらえることもある

お金で顔を隠す女性

ここからは勤務先のホームページ等で顔出しをOKにするメリットを解説していきます。

顔出しをOKにすると、ぼかしやモザイク無しの写真がお店のHPに掲載されます。

※お店によっては顔やスタイルにPhotoshopなどの写真加工ソフトを使ってより美しく見える様に加工(通称パネマジ、パネルマジックの略)しますが、誠実に経営しているお店程写真に修正・加工をしません

※女性の希望を受けて顔バレ防止策としてプロフ写真を加工・修正するお店はあります

最も市場規模が大きい人気の風俗ジャンルであるデリヘルなどの派遣型風俗店では客である男性がホームページ等を見て女性を指名します。

ぼかしやモザイクがあると、「プロフィール」「風俗店スタッフの紹介コメント」「なんとなくの輪郭やスタイル」「写メ日記」だけで指名するので、男性側は不安を抱きながらの指名になります。

しかし、顔出しOKにするとお客さんの不安が減るので、結果ホームページからの指名が増えやすいです(指名が増えれば女性の給料も連動して増えます)。

指名が増えると風俗店側も当然儲かりますので、勤務する女性はできれば全員ボカシ無しの顔出しOKで働いて欲しいものです。

なので、顔出しOKを促進するために、顔出し特典として顔出しOKの女性には入店時に特別ボーナスをくれるお店があります。

顔出しをOKにするメリット-メディア出演・マスコミ手当で儲けることができる

現金手渡し

古めかしい言葉ですが「看板娘」という言葉があります。

どんな風俗店も少なくとも新規オープン時には、男性客を集める為に雑誌やインターネットサイトの風俗情報サイトで広告宣伝しますし、バイトする女性を集めるためにも広告を出します。

そこで、実際にお店で働いている女性の顔を出すか出さないかでは、広告の効果に差が出ます。

なので「マスコミ手当」「メディア出演手当」というボーナスのような仕組みがあり、宣伝用のサイトに出演してくれた女性に対しては、風俗店から女性に対して出演料としてそれなりの金額を支払うのが業界の慣例になっています。

女性の仕事は、プロのカメラマンに宣伝用の写真を撮影してもらうだけですが、稀(まれ)に実際の風俗店のプレイを再現するような動画を撮影することがあります。

プレイ動画を撮影する場合は、プロのAV男優などを相手に実際にお客さんにするサービスを再現します。

もちろん、手当になるギャラはたんなる写真撮影と比べて高くなります。

ただし、広告宣伝の素材になるということは、たくさんの人の目に触れるということになりますので、デメリットも出てきます。

顔出しNGのメリット-顔出しを拒否しておけば親バレ彼氏バレの確率が低くなる

男性画像ゲイ

広告で顔出しをOKにすると、まさに不特定多数と呼ぶに相応しい人達の間で広告画像などが流通(人の目に触れる)します。

そうすると、冷静に考えると可能性はごく僅か(わずか)とはいえ、友達・彼氏・家族など自分と近い人物に風俗店で働いていることがバレる(顔バレ)可能性が出てきます。

風俗店でも顔バレ防止のためにアリバイ会社などを用意してくれますが、どんなアリバイも事実とは異なるので完全に顔バレを防ぐことはできません。

あらかじめ、

  • 恋人・家族・同僚に指摘されたら何と答えるかの準備
  • アリバイ会社などで用意されたアリバイの準備

などをしておくと、冷静に対応できます。

こういったリスクと引き換えにマスコミ手当をもらうので、ここはメリットデメリットを天秤にかけて計算してください。

顔出しNGのデメリット-常連や太客ができるまで指名数が伸びない可能性が上がる

疲れている女性

先ほども述べましたが、顔出しNGだとネットや写真などからの指名数が顔出しOKと比較して、最初は少なくなる傾向があります。

指名が少なくてもフリー(女性の指名をしない人のこと)のお客さんを回してもらえますので、一度接客したお客さんがリピーターになってくれたり、良い評判をネットなどの体験談サイトに投稿してくれるようしっかり接客してください。

風俗バイトでは完全歩合制が多いので、指名がゼロだと給料もゼロになるお店が多いです。

待機時間がいくら長くても給料がゼロだと風俗バイトをせずに普通の時給制バイトをした方が儲かる、という本末転倒なことになりかねません。

ちなみに、時給制の高収入バイトには、キャバクラ・ガールズバーなどがあります。

チャットレディの場合は顔出しNGとOKで収入に格差が生まれる

恥ずかしがる女性

ネットを使った副業感覚で働ける高収入バイトとして、人気のチャットレディでも顔出しNGと顔出しOKでは差が出ます。

チャットレディの場合は、待機時間のみ顔出しNGにする、つまり不特定多数の男性に対しては顔を出さない女性が多いですが、やはり待機中も顔出しした方が男性のチャットログイン率が高くなる傾向があります。

チャットレディは、男性とチャットした時間が給料になりますので、誰もログインしてくれないと、給料はゼロです(チャットとは別にメールや動画投稿で稼ぐことはできます)。

ただ、ログインしてくれる男性を増やす為に、常に顔出しOK状態でログインしていると、人気サイトに登録している場合は、一日に数百人以上の男性がWebカメラ越しとはいえ顔を見る事になります。

チャットレディの顔を見る男性の数で言ったら、風俗関係の広告と比較してもそれほど遜色(そんしょく)が無いと思いますので、こちらも顔出しNGでもそれほど問題が無いモバイルライブチャットのみに出演して、顔出しOKのリスクが大きいパソコンライブチャットでは顔出しNGで勤務するなどの使い分けをすると良いかもしれません。

遜色が無い
読み方:そんしょくがない

見劣りしない、負けていない、品質などが同程度である、などの意味の表現。

「遜色」は、劣っている、という意味。

引用元:https://www.weblio.jp/content/遜色がない

メールレディでも顔出しOKの方がNGと比較すると稼ぎやすい

力強い女性

出会い系サイトやアプリ、ライブチャットのメールレディはマメな性格の女性ならコツコツ稼ぐことができるので、長期間での勝負を考えているなら侮れない(あなどれない)バイトです。

メールレディでもやっぱり顔は出して登録した方がメールの返信率が上がったり、男性がプロフ写真を見てメールしてくれる確率が高くなります。

メールレディの場合は、正直なところ他人の女性の写真を拝借して登録してもトラブルになる可能性がごく僅かですが、他人の女性の写真を利用して稼いだことがバレたらかなり大きな被害(損害賠償、名誉毀損などの訴訟)を受ける可能性があります。

どうせバレないだろうと思って安易な気持ちで他人の写真を利用するのは絶対にやめてください。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね