女性エスコートのイメージ

現役キャバ嬢①
もーキャストとしてお客さんの対応するのしんどい。。でも風俗は嫌だけど、お金は稼ぎたいなー

接客業経験女性
キャバクラ店の経営側になりたい!ナイトワークで一花咲かせたい!

コンサルタント
そんな思いがある女性にオススメな職業のキャバクラ店のエスコートレディ!現場の気配り・売上管理が出来れば男性以上に有利でやり方によっては短期間でマネージャーや社長に就任できる可能性があります。
Qプリ広告

キャバクラのエスコートレディは、気配り上手な女性なら即出世できる高時給バイト!

キャバクラのエスコートレディの仕事内容は、主に

  1. キャストのサポート
  2. お客さんの案内

など、キャバクラのボーイの女性版!

働く男性(ボーイ)の方が有利と思いきや、キャバクラという環境で優待されるのはキャストである女性です。元キャバ嬢だったり接客業を経験してる女性であれば、男性スタッフと比べ女性スタッフの方が出世できる可能性が高いです!

この記事ではそんなエスコートレディの

  • 仕事内容
  • 勤務時の服装
  • 求人応募方法
  • 時給相場
  • 面接内容
  • 短期間で出生する為の心得

などを解説します。

今売れてる人気なキャバクラのエスコートレディの求人情報はコチラで確認してください。

エスコート嬢は元キャバ嬢・接客業経験者の女性におすすめなアルバイト

キャバクラで働くキャバ嬢は「キャスト」と呼ばれます。

言うなればキャバクラの主役であるキャストとは別に「エスコートレディ」という職種があり、求人広告などで女性を募集しています。

一般的な知名度は低いので、その仕事の内容を知らないという人は少なくはありません。

エスコートレディーという呼び名以外にも

  • 「エスコート嬢」
  • 「エスコートガール」

など他にも男性スタッフの女性版ということで「ガール」と呼ばれることがあります。

1エスコートレディの仕事内容

エスコートレディは「エスコート」という言葉から想起できるかもしれませんが、

  • 来店した男性客をフロアの席まで案内したり
  • ボーイのように灰皿を交換したり
  • 店舗が混んでいてキャバ嬢が足りていない時はヘルプとして席につく

というようなお店のサポートが仕事内容です。

今売れてる人気なキャバクラのエスコートレディの求人情報はコチラで確認してください。

2エスコートレディの勤務時の服装

勤務時の店内の服装は

  • スーツ姿
  • バーテン風
  • 露出の少ないドレス

など様々でお店のクラスや雰囲気によって規定があります。

ただあくまでも店舗スタッフであり、主役であるキャバ嬢より目立つ服装をすることは絶対にありません。

比較的大規模な店舗ではエスコートレディーの求人があることが多く、小さめの店舗ではボーイがエスコートレディーの替わりのような仕事をしていることが多いです。

数は少ないですが、キャバクラだけでなくセクキャバでも女性のエスコート嬢を募集していることがあります。

仕事内容はキャバクラとほぼ同じですが、当然接客はゼロになります。

普通の求人サイトで募集されています。
エスコートレディー画像

3エスコートレディの求人応募方法

エスコートレディの求人情報は、一般的な求人情報サイト

  • an(アン)
  • Indeed(インディード)

をはじめ、ナイトワーク専門の求人情報サイト

などに求人情報が掲載されています。

また、働きたいお店が決まってる場合はキャバクラのホームページから応募する事ができます。

キャバ嬢の求人はキャバクラの専門求人情報サイトに掲載されていますが、エスコートレディーは普通の求人情報サイトのナイトワーク枠に掲載されていることが多いです。

「an(アン)」「フロムエーナビ」などの信頼できる大手サイトから求人に応募してください。

求人情報誌an エスコート
求人情報誌an

4エスコートレディの時給相場

キャバクラのエスコートレディの時給は働く地域にもよりますが、都心であれば1,500円〜2,000円くらいの間で募集されています。

キャストより時給は低く設定されていますが、それでも一般の飲食業などと比べると倍以上の時給を稼ぐ事が出来ます。

5エスコートレディの採用基準:容姿重視

エスコートレディになるには面接がありますが、容姿端麗な女性の方が採用されやすいです。

キャバクラという環境のせいか見栄えがする女性は重宝されます。

また、ナイトワークが未経験の人より、キャバクラのシステムなどに詳しい経験者の方が優遇される傾向にあります。

コンサルタント
男性との会話やお酒を作る仕事が無いので、「高級店ではキャバ嬢よりエスコートの方がルックスに対して求められるものが高い」という声もあります。その他にも気使いが出来るか、敬語などが上手く使えるか、礼儀作法などサービス業として必要なスキルが求められます。

以前はキャストとして働いていたが、年を重ねてエスコートレディーに転職した、というケースも珍しくはありません。

6業務内容・全体の流れ

  1. まず、男性が来店したらお客さんをフロアの席まで案内し、荷物やコートなどがある場合は荷物やコートを預かります。
  2. 男性客は席まで案内したら後の接客はキャバ嬢にまかせますが、灰皿やグラスの交換はエスコートレディーが対応します。
    ※席の状態をしっかり見たり、キャバ嬢が出す合図を見逃さないでください。常に全体を見まわし、気配りが重要となります。
  3. その他にもお手洗いなどで席に立つ方の案内などを行います。 注文が入った場合の対応などもフロアレディーが担当する事があります。
  4. ヘルプとして客席に入るかどうかはお店の方針や混雑状況によります。
    いざという時にヘルプ(キャバ嬢のサポートのこと)に入れるかどうかを面接時に聞かれると思うので、どうしても嫌だという女性はしっかりヘルプに入れない旨伝えてください。

※ヘルプに入ると給料があがったりすることもあります。

しかし、接客が仕事なのでドリンクを貰ったりすることは基本ありません(店によって異なります)。

なので、感覚としてあまり自分はここだけ!という風に頑に考えずに、経験のためにキャスト(キャバ嬢)も機会があればこなしたいという風に考えていると働きやすいと思います。

エスコートレディで成功する女性はマネージャー基質の女性

コンサルタント
エスコートレディーはキャバ嬢をサポートする仕事です。なので、キャバ嬢経験がある女性はキャバ嬢の気持ちを汲んで気配りができるのですぐエスコートの仕事に馴染むことができます。

※逆に、業界未経験の人だと気配りなどが上手くできるようになるまでに時間がかかるかもしれません。

ヘルプにつく場合は別ですが、男性と会話することもほとんどないので、キャバクラ嬢をしていたけど

  • 「ノルマ・キャバ嬢同士の人間関係がしんどい」
  • 「男性客への営業や会話などに疲れてもうキャバ嬢を辞めたい」

などと考えている女性には転職先としてエスコートはとても向いています。

元キャバ嬢の女性ならボーイの男性より遥かに有利!

ここまでキャバクラのエスコートレディの仕事内容の解説をしてきましたが、キャバクラ店の経営者に重宝される人材は

  1. 容姿端麗なキャスト
  2. 上顧客を抱えるキャスト
  3. 現場を円滑にするマネージャー

上記3つの要素が組み合わさってお店の売上となります。

また、男性高収入バイトでもあるキャバクラのボーイの求人応募概要に「学歴・職歴不問!やる気がある方大歓迎!」と記述されています。

ですが、キャバクラのエスコートは決して甘い世界ではありません。

キャバクラで働くボーイ(男性スタッフ)の特徴

典型的なボーイ
「昔、会社経営してて〜。」「ビックになりたくて〜。」「タワマン住みたくて〜。」

など、キャバクラなどのナイトワークのボーイとして働く男性に一致することがあります。

コンサルタント
それは、元キャバ嬢の女性より業界経験が浅いという事です。またリアルな現場(キャストの扱い・お客様への対応)など元ホストでない限り知る余地がありません。

また、大半のナイトワークのボーイの求人に応募する男性の特徴は、

  • 「マイルドヤンキー」
  • 「大学生」
  • 「昼職を何らかの理由で退職した男性」

である事が多いいとされています。

コンサルタント
はたして、上記に該当する男性が「キャストの求める事」・「お客様が気分良く時間を過ごせる接客」を現場で上手くこなす事ができると思いますか?事実として、キャバクラのボーイの3ヶ月以内の離職率は80%以上=「やる気があれば誰でもできる仕事では決してない」という事です。

元キャバ嬢であれば幹部に上り詰められる可能性大!

上記で解説した通り、男性スタッフがやる気があればできる仕事ではありません。

実際に現場でキャバ嬢として働いた事がある女性で

  • キャストへの気遣い
  • お客様対応

などを現場で対応できるエスコートレディは店舗側からすると必然的に高待遇にしてあげたい存在である事は間違いありません。

また、キャバクラは基本夜だけの営業なので

  • 「キャバクラで働きたい」
  • 「憧れがある」
  • 「男性より稼ぎたい」

という女子大生でも学校帰りに働くことができます。

水商売未経験の女性の入り口としては勉強になることがあり、おすすめのアルバイトです。

エスコートから働きはじめて、そのままお店の

  • 運営幹部
  • キャスト(キャバ嬢)

になるという実例もけっこうあります。

エスコートレディの経験がある場合、採用に有利に働く事が多いようです。

注意!「エスコートガール・エスコートクラブ」という職種は「エスコートレディ」とは全くの別物

ややこしい名称ですが、同じ夜の仕事で

  • 「エスコートガール」
  • 「エスコートクラブ」

という職種の求人募集がよくあります。

これは名前だけだとわかりづらいですが、仕事内容はデリバリーヘルスであることがほとんどです。

デリヘルで無い場合は「1日限定で恋人のように夕方から次の日の朝まで過ごす」という風なサービスを意味します。

上記の2つはどちらのせよ男性へのヘルスサービス・セックスありきの仕事です。

その分高時給ですがキャバクラのエスコートレディーとは全く違う仕事なので注意してください。

見分けがつかない場合は、事前にネットなどで確認するとよいでしょう。

韓国ではエスコートアガシという風俗サービスもあり、こちらも1日恋人感覚で過ごすサービスです。

欧米などでは高収入の男性に人気のある風俗として「エスコート」と呼ばれるサービスがあります。

内容はデートを伴うデリヘルのようなものです。

このようにエスコートレディと名前は似ていますが全く異なるサービスがたくさんありますので注意してください。

口コミ・体験談まとめ

新規体験談・口コミを投稿する

エスコートレディの仕事が気になる人に関連のある職種

エスコートレディに興味がある人に役立つ記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事