女性 マスク
ポケットワーク広告_目次下_600_400

水商売で「本名」を聞かれた際の対処法!

水商売(キャバクラやラウンジなど)のアルバイトをしている時に聞かれて困るのが「本名」です。

キャバ嬢のほとんどが源氏名を名乗っていることは男性客も分かっています。

人間は隠されると知りたくなってしまうものです。

「本名は絶対に教えたくない」と思う人もいれば、「本名を知られても別に問題無い」と思う人もいます。

水商売をする女性(キャバ嬢など)と本名について解説します。

そもそもなんで源氏名を使うの?

虫眼鏡で調査する外国人女性と疑問の吹き出し

源氏名がなぜ使われるようになったのでしょうか?

本名を知られてしまうと個人情報を特定されやすいから、という理由もありますが、別の自分になるという意味合いが強いと言われています。

華やかな水商売の世界で、一般的な名前だと非現実を感じる事が出来ません。

お客さんはそのきらびやかな世界にお金を支払っているのです。

ありきたりな名前ではなく、

  • かわいい
  • キレイ
  • 上品
  • 美しい

などと思われる名前はお客様にも受けが良いです。

名前から雰囲気を感じる事が出来るよう源氏名を決めると言われています。

また、キャスト側も普段の自分と異なる自分を演じる為に使うという意味合いもあります。

普段呼ばれている名前で無く、お店での名前で呼ばれる事で仕事のスイッチを入れて能率を上げる、何て人も少なくはありません。

黒服(男性スタッフ)や他のキャストも源氏名で呼び合います。

バックヤード(お店の裏側)であっても源氏名で呼ばれます。

また、日給4万円の高収入バイト情報はコチラで確認出来ます。

本名で知られる個人情報は少ない?

ささやく女性

本名がバレてしまうとそこから芋づる式に個人情報がバレてしまう可能性というのは人によってまちまちです。

本名がバレてしまうと、まずネットで検索されてしまいます。

個人のSNSなどが検索に引っかかる場合があります。

今だとFacebook(フェイスブック)が出やすいです。

なぜなら、Facebookは本名で登録するからです。

プライベートな写真などを投稿していると、住所や友達などの個人情報がお客さんに漏れてしまう可能性があります。

ありきたりな名前の人は、同姓同名の人のアカウントでカモフラージュ出来るかもしれません。

また、同姓同名で有名人がいれば検索結果に出てくることは稀です。

珍しい名前の女性は気を付けた方が良いです。

SNSなどを一切やっていなくて、自分の名前を検索しても何も出てこない女性は大丈夫かもしれません。

しかし、本名は教えないにこしたことはないです。

近年は個人情報保護の観点からも個人名での情報の掲載は少なくなりましたが、それでも掲載をするケースも存在します。

もしも本名がバレてしまって名前で検索された時に、どのような情報が出てくるかは事前に調べておいた方が良いです。

ストーカー対策はSNSなどに注意

女性 ストーカー

昔の自分の事を知られても、実際にはそんなに困る事はありません。

しかし、リアルタイムの情報を知られるのはストーカーなどの被害に遭う可能性もありますので注意が必要です。

名前などをきっかけに、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSアカウントが見つかってしまう可能性があります。

SNSアカウントが特定されると、あなたが今何をしているか特定されやすくなります。

行動範囲や行動パターンが知られてしまう事は様々な危険を招く事になりますので十分に注意してください。

プライベート用のアカウントなのであれば、観覧制限を掛けるなど自己防衛をする事が大切になります。

客と連絡先交換するLINEアカウントの名前に要注意

LINEアイコン画像

キャバ嬢をしていると、営業のためにお客さんと連絡先を交換することが多々あります。

今の連絡手段はLINE(ライン)です。

なので、LINEアカウントを交換することになるのですが、仕事用のラインを持っていないキャバ嬢は多いです。

プライベートのLINEアカウントの場合、アカウント名が本名になっている場合があります。

ライン交換すると本名がバレることになりますので注意が必要です。

キャバ嬢は仕事用のラインを持つべきです。

しかし、携帯をもう一台契約するのはお金がかかると諦めていませんか?

ラインモバイルは月額500円で携帯一台を契約することが出来ます。

仕事用の携帯なんてラインさえ出来れば十分です。

ラインモバイルの詳細はコチラで確認できます。

今なら2ヶ月無料で使用することが出来ます。

ラインモバイル

偽名は使い方に注意

黒い女性

源氏名とは別で、偽名を使うというのは方法の一つです。

お客さんは自分にだけ本名を教えてくれたという安心感を持つことになりますし、特別感を与える事も出来ます。

しかし、その場合源氏名をいつ、誰に教えたかはしっかりと覚えておかなくてはなりません。

また、偽名はいくつも作ってはいけません。

作りすぎてしまうとどの偽名を誰に教えたのかがわからなくなりますので、源氏名と偽名、そして本名の3つを使い分けるようにした方が良いでしょう。

お客さんに偽名を教えた際、それ以降偽名で呼んでくるなんて人もいます。

その際に戸惑ったりしない様に誰に教えたか、教えてないかは把握するようにしましょう。

こんな人は要注意

危険

偽名や源氏名を使うのは慣れるまで大変な物です。

生まれてからずっと呼ばれていた名前で無く、他の名前で呼ばれるのは違和感があり、即時に対応出来ないのは仕方がありません。

しかしカンパイ系の仕事などの場合酔った勢いでうっかり口を滑らせてしまう、なんて可能性も十分にありますので注意が必要です。

特に自分の事を名前で呼ぶ癖がある人の場合は、うっかり本名を言ってしまっているかもしれません。

言い間違いや聞き間違いでしらを通せるように、響きが似ている名前などを設定する人も多いようなので、参考にしてみると良いでしょう。

例えば、本名は恵子(けいこ)、偽名はけい、にして源氏名を怜(れい)などにすれば聞き間違いなどでも通すことができ、なおかつ覚えやすい名前でとっさの時の反応にも困りません。

偽名などは働き出す前に決めておこう

人差し指を立てる女性画像

いざ聞かれた際に答えれないと、折角偽名を決めていても意味がありません。

これらの設定はアルバイトを始める前に決めておくと良いと思います。

また、本名を知られてもSNSなどを見られてもあまり問題ではない人や、SNSを使って積極的にお客さんを囲い込みたいひとは偽名や源氏名を使う必要はあまりないので、そのまま実名で仕事をしても全く問題はないでしょう。

この記事を読んで水商売で仕事をしてみたいと思った人はコチラ

この記事を読んだ人におすすめする記事一覧

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事