こんにちは!現役風俗嬢のねねです♡

皆さんはどのようにして夜の世界の扉をノックしましたか?

スカウトナイトワークの求人サイトなんて方法もありますが、意外に多いのが「友人からの紹介」

今回は友人紹介お店に入店する方法やコツメリットやデメリットをご紹介いたします♡

そもそも紹介してくれる「友人」のいる場所って?

女子会

一口に友人と言っても、多くの女の子はリア友にはナイトワークをしようとしている事や、している事を隠しているケースが殆どです。

ですので多くの場合は

  • 夜職用のSNSアカウントで繋がりのある同業さん
  • 今まで勤めてたお店のキャスト
  • 堂々と夜職をしていると公言しているリア友

というパターンの友人から、紹介を受けることになります。

最近ではTwitterなどでも、形態はバラバラでもSNSで知り合った風俗嬢さん達がリアルにオフ会などを開いて友人になっていったりとコミュニティを広げたりしています。

友人を作りたいという方は、出会える量的にはTwitterなどから始めてみると良いかもしれません。

友人紹介のメリット・デメリット

次に友人からの紹介でお店に入店する際のメリットとしては以下が挙げられます。
(紹介した女の子が以前or現在働いていたお店の場合)

  • 勤務体制や職場環境など、リアルな声をキャスト目線で事前に聞ける
  • 紹介してくれた女の子の売り上げが良ければ、時給交渉などがスムーズ
  • 知り合いがいる状態からスタートできるので、お店に馴染みやすい
  • 仕事での悩みを気軽に相談できる相手が出来る

以上がメリットとして挙げられます。

やはり新しいお店に移ると一番苦労するのが人間関係

お店の中で共通の話題だったり流行っているもの、キャストやスタッフのカーストなど分からないことも沢山ですし、気軽に聞ける人を作るのもすぐに出来るようになるわけではありません

その点友人からの紹介だとこの不安点が解消しやすくなりますので、お店に長く在籍しやすくなります

次にデメリットですが

  • 友人自体の時給やバックを教えてもらいにくい
  • 友人との比較をされる可能性がある
  • 友人が飛んだら、お店のスタッフからしつこく質問される
  • 自分が飛んだら友人との関係が崩れる場合がある

こちらのデメリットは主に紹介してくれた友人と自分自身との間の人間関係についてです。

時給・バックに関してですが、これは私も昔勤めてたデリヘルで一度ミスしてしまった経験があります。

私自身条件が良いなと思ったお店でバイトをしており、当時セクキャバでバイトをしていた友人がその話をしたら紹介してほしいと言ってきたので、いざ面接に連れて行ったらお店のコンセプト的にも年齢的にもお店がバックを下げてその子に話をしたようで、面接後凄い怒った顔で私にキレてきました…。

お店のスタッフには、「ねねちゃんはこのお店の中でもバックが高い設定になっているから、他の子には自分のバックの値段は今後言わない方が良いよ」と注意を受けました。

ですので、それを知っている子は時給やバックの金額に関しては教えてない人も多いですし、仮に伝えられてもあくまでも友人の時給・バックであり、自分もその金額になるとは限りませんのでご注意ください。

また、夜の世界は「飛ぶ」(※無断欠勤や連絡不通となり、自然退店すること)人がキャストもスタッフも多々あります。

その際に紹介した側やされた側のどちらか残った側にスタッフからどうにかならないかと交渉してくる場合もありますので、こちらも注意が必要となります。

友人紹介の際の入店までのステップ

主に友人からお店を紹介され、入店するまでのステップは以下のような流れです。

入店までのステップ
  1. 紹介してほしいお店に在籍している友人に、お店との交渉をお願いする。
  2. お店に生年月日、年齢、スリーサイズ、写真を送る
  3. 面接に行く
  4. 体入(体験入店をする)
  5. 正式な合否をもらい、入店

2の時点で「今は女の子が十分だからなぁ…」などと少し渋られた場合は不合格に近い温度感です。そのまま在籍したとしても待遇は良いものではありませんので、素直に違うお店を探すようにしましょう。

また、体入に行った際も、面接では「他のお店も見たりはしています」と言っておいて、もし合格が出た場合でも入店するかどうか検討することが出来るように逃げ道を作っておきましょう。

高時給・高バックで入店するコツ

お金と女性画像

面接に行った際、やはり紹介する側の女の子のレベルによっても、お店からの対応は違います。

売り上げがあって、お店やお客さんからの評価の高い子からの紹介ですと「この子が連れてくるんだからきっと良い子」というイメージがそもそも最初の時点でついています。

逆にあまり売り上げなどが良くない子からの紹介ですと、「この子の友達なら大体このくらいのレベルだろう」と下に見てくるスタッフもいます。(それを逆手にとっていく場合はむしろ好都合な時もあります。)

ですので面接・体入時は以下のものを用意しておいて、なるべく良い条件で入店できるようにしておくことをオススメします。

  • 現在在籍しているお店の時給・バック
  • 今までの最高月給
  • どんなお客さんが得意か
  • どのくらいお客さんを引っ張ってこれるか

具体的な成績が分かれば、スタッフも内容次第では対応が良くなります。

まとめ

いかがでしたか?
友人からの紹介入店の最大の魅力は「現場の嘘偽りない真実をあらかじめ知っておくことができる」という点です。

仲が良いのも大事ですが、しっかり最低限のヒヤリングをして、あなたにとって良いお店だと判断してから面接や入店をするようにしましょうね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事