風俗業界的に忙しい時期は稼ぎやすいし短期OKの求人数も多い

風俗業界といえどもサービス業の一種なので、繁忙期(忙しい時期、客入りが多い時期)もあれば、閑散期(暇な時期、客足が少ない時期)もあります。男性がそれなりに高い金額を使う場所でもありますので、風俗店は景気の浮き沈みの影響もかなり受けます。

なので、好景気下での繁忙期は最も稼ぎやすいタイミング、ということになります。

アベノミクスの影響で日経平均が高くなっているので、東日本大震災後の閑散期とした時期と比較すれば、令和はかなり男性の風俗利用も増えているはずです。

稼ぎやすい時期(繁忙期)であれば、男性客を接客する女性キャストの数が足りないので、

普段は面接で不合格になるような要素、例えば、

  • 「短い期間(1・2週間〜1・2ヶ月)しか働けない」
  • 「遠くから出稼ぎにくるのでお店側が引っ越しや移動の費用を負担しないといけない」
  • 「大きな刺青や妊娠線がある」
  • 「接客や人との会話が得意ではない」
  • 「容姿がお店の基準に達していない」
  • 「スタイルがお店の特徴と一致しない(ぽっちゃり、貧乳、ガリガリなど)」

などに該当する女性でも、採用されやすくなります。

特に、デリヘルなどの派遣型風俗の場合は、フリー(指名なしで利用する人のこと)のお客さんが多いので、女性キャストの数を確保することがデリヘル店にとって重要になります。

繁忙期には出勤するだけで、出勤手当等のボーナスを出すお店もあるくらいですので、お店にとってもかき入れどきになります。

繁忙期・閑散期に左右されない、日給5万円保証の人気エステ店求人情報はコチラから確認してください。

1冬のボーナス後の年末年始は最高の繁忙期

時期で言うと、最も風俗業界が男性客で混雑するのは年末年始です。意外と感じると思いますが、特に正月三が日はかなり混みます。

年末の休暇を使ってゆっくり体を休めることができたし、初詣でが終わって暇だから風俗遊びでもしようということでお客さんが増えるのだと思います。

男性がよく「姫はじめ」という言葉を使うように、何かしらめでたい意味が男性にとってはあるのかもしれません。

※「姫はじめ」は男性とその年にはじめて女性と性的関係を持つことを意味します。

それに、何といっても12月に冬のボーナスを受け取っているのでお金に余裕があることが最も大きいです。

企業の業績や景気動向は平均給与よりもボーナスに影響がでますので、好景気だとボーナスの額が増えてボーナス後に客足が大きく増える傾向があるのは間違いありません。

サラリーマン達が忘年会で盛り上がったからそのままの勢いで団体で風俗店へ、という団体客は多少酔っ払っていますが、気前がいいので風俗店にとっても有り難いお客さんです。

11月〜12月の期間限定で日給8万円保証の人気デリヘル店の求人情報はコチラ

2夏のボーナス後(6月半ば〜7月半ば)は年末年始に次ぐ繁忙期

一般的な会社員や公務員は年に2回ボーナスを受け取れます。先ほど説明した冬のボーナス以外にも夏にボーナスがもらえます。

夏のボーナスは6月半ば〜7月半ばに給料とは別に支払われますので、趣味やレジャーに使える可処分所得が一時的に大きく増えます。

気候的に暑くなり、薄着の女性が増えるなどするせいか、一般的に夏は出会いの季節と言われます。

彼女ができなかったり、いない場合は風俗店にかよって性欲を解消するのでしょう。よって、7月は風俗店にとってかなり忙しい時期になります。

大学によって7月中に夏休みがはじまるので、学費や将来のためのお金を稼ぐために短期で風俗バイトをしたいという女子大生にはかなりオススメの時期です。

6月〜9月限定で日給10万保証の出稼ぎ可能デリヘル店求人情報はコチラ

3避暑地や夏の観光名所は短期の出稼ぎ先として最高

夏になると都会の蒸し暑さから逃れるために、北海道の札幌などの避暑地に旅行に行ったり、が逆に夏を満喫しようと沖縄などの観光地に行く人が増えます。

「旅の恥はかき捨て」という言葉があるように、特に男性のみ複数で旅行に来た人たちは風俗店を必ずと言っていいほど利用します。

特に札幌のすすきのなどは顕著で、一年中ソープランドなどの風俗店目当ての男性客で賑わいます。なので夏は別格の忙しさで、観光客自体の数が増えるので忙しさも倍増です。

当然、女性も足りなくなりますので本州などの北海道以外からの出稼ぎの女性も歓迎してくれます。

そもそも北海道は女性の風俗出稼ぎ先として常に人気なので寮や出張面接など、女性の受け入れ体制はかなり整っています。

特に札幌すすきの周辺は都会なのに観光名所も多く食べ物は美味しくて、夏でも温度・湿度が低いのでそもそも生活する場所としても若い人から大人気の場所です。

基本的にはサラリーマンの給料日前は閑散期になる

繁忙期を説明しましたが、ここからは閑散期について解説します。閑散期は、客足が遠のくため風俗業界の売り上げ自体が低迷する時期です。逆にこの時期に稼げると常にコンスタントに稼げますので、閑散期までに常連客を作っておくことが大事になります。

常連客は季節や給料日にあまり影響されず、定期的に指名してくれるので風俗嬢にとって本当に有り難い存在です。

そんな常連客とは反対なのが、フリーのお客さんです。

  • 「なんとなく暇だから」
  • 「定期外の収入が入ったから」

などの理由で風俗を利用する男性は、閑散期には減りがちです。

特に毎月の給料日やボーナス前は、フリーの男性客が減る傾向にあります。

ボーナス時期については既に説明したので省きますが、一般的なサラリーマンの毎月の給料日はその月の20日か25日が割合的に多いです。

なので、全体として給料日前の月の真ん中あたりは暇になりがちです。

繁忙期・閑散期に左右されない、日給5万円保証の人気エステ店求人情報はコチラから確認してください。

1ニッパチ(2月・8月)は風俗業界の閑散期として有名

俗に「ニッパチ」と呼ばれる2月8月は風俗業界の閑散期として有名です。

特に2月は条件が悪く、

  • 「ボーナスのお金を使った後」
  • 「姫はじめを終わらせた後」
  • 「そもそも営業日数が少ない(28日か29日間)」
  • 「街などでも女性が肌を露出して歩くことが減り、男性への刺激も少ない」

という悪条件が重なります。

毎月決まった給料がもらえるサラリーマンではなく、風俗嬢のような完全歩合制のバイトをする女性にとっては営業日数が少ないことは大きな痛手です。こればかりはどうしようもないので、31日間ある月と比較すれば収入は減るのが普通です。

8月でも稼げる地域は「札幌・沖縄」

閑散期であるニッパチの内、8月は地域によって閑散期になるどころか逆に繁忙期になる地域も存在します。

というのも、8月はサラリーマンの夏休みがありますので長期休暇を持て余したサラリーマンがボーナスの余韻を使って風俗目当てに旅行に行ったりするからです。

やはり、「札幌・沖縄」などは夏の風俗旅行先として人気ですので8月でも稼ぎやすいです。

現状入店してるお店が地域的に「やや都会」にあたる場所だと、8月は不利な時期になります。

仕事を求めて「やや都会」に来た男性たちもお盆には休暇を取り地元に帰省します。だいたいが8月15日前後でしょうか。

この時期には男性客の数自体が減るタイミングなので風俗店の利用は期待できません。

お店に女性が足りているのであれば、思い切って休暇をとって稼げる地域へ出稼ぎに行った方がいいかもしれません。

※けどみんな同じ事を考えているのであえて閑散期に出勤することでお金を稼げる可能性もあります。

チャットレディは時期より「時間」と「イベント」が重要

風俗系というよりはどちらかというとナイト系やネット系内職的な位置付けのライブチャットのチャットレディですが、風俗バイトほどは繁忙期・閑散期の影響は受けません。

あえていうなら、2月の日数が少ない分月収という面では閑散期になるくらいでしょうか。

繁忙期は男性が自宅でネットをゆっくり使う時間がある時期なので、

  • 「年末年始」
  • 「5月のGW」
  • 「8月の夏休み」

などが忙しい時期になります。

ですが、男性が自宅でネットをゆっくり使うタイミングが忙しいということは、年間でのイベントよりは「日常の休息時間」が忙しいということになります。

クレジットカード決済でポイントを購入する人が多いので、給料日も風俗系ほどは影響しません。

なので風俗嬢として働いている女性の副業としてはかなり向いています。

1平日は夜中、土日は夕方から深夜にログインするのがおすすめ

  • 普通のサラリーマン
  • 大学生

などがライブチャットを利用するメインの層になりますので、彼らのライフサイクルに合わせてログインするのが最も効率的です。

※しかし、指名を奪い合う競合のチャットレディも増えるのが難点です。

  • 「平日だと」
    19時〜24時くらいまで徐々に男性の時間別ログイン数が増えて行く傾向があり、
    深夜0時から深夜2時くらいまではゆるやかに減っていきます。
  • 「土日だと」
    土曜の0時〜2時でもログインしてくれる男性は多く、平日と比べるとやや遅めの21時くらいからログイン数が増えていきます。
    日曜日も0時〜2時のログイン数は多く、21時〜24時くらいまでがピークになります。

24時くらいからは次の日の仕事に備える人が多いせいか、ガクンとログイン数が減る傾向があります。

注意したいのは、スポーツイベントなどがある日です。特に、サッカー日本代表の試合がテレビで放送されている時間帯はログイン数がどうしても減ってしまいます。このように、男性のライフサイクルにモロに影響を受けますので、男性の余暇時間を意識してログインしましょう。

2ライブチャットのイベント時は最大の繁忙期

ライブチャットによっては、男性のログインを促すために定期的にイベントが開催されています。

  1. 「ツーショットチャットイベント」
  2. 「パーティーチャットイベント」

などサイトによって様々ですが、運営会社はメルマガを送って男性に告知するなどしていますし、何よりイベント時は男性の利用料金が安くなったりするのでログイン数が一気に増えます。

このようなタイミングはサイト内の女性(チャットレディ)の数が足りなくなりますので、大きなライブチャットに登録しているならいつのタイミングでイベントが開催されるかチェックしたいですね。

複数のサイトにチャットレディとして登録して、イベントのタイミングだけログインするのは最も効率的にお金を稼ぐ方法です。在宅で働けて、好きな時間にログインして好きな時間だけ働けばいいというのはチャットレディの最大のメリットと言えます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事