アフターとは

アフターとは、仕事が終わった後にお客様と店外でデートすることです。

イメージとしては、二次会といった感じです。

アフターが一番多い仕事は、キャバクラです。

他には、スナッククラブなどのお店であります。

もちろん、風俗店でもアフターはありますが、注意しないといけないです。

なぜかというと、風俗店はアフターやお客様との連絡先交換を禁止にしています。

なので、「アフターする=お店の規約違反」ということになります。

風俗嬢がアフターする際は、リスクを承知で行うようにしましょう。

キャバ嬢ホステス営業活動の一環でアフターを行います。

最後に、似た意味の「同伴」との違いも解説します。

アフターはどんな所へ行くのか

アフターで行く場所は、お客様が行きたい場所へ行くパターンと、キャバ嬢本人が行きたい所へ連れて行ってもらうパターンの2パターンあります。

お店の種類については次章のメリットにて紹介します。

アフターのメリット

グッドポーズ

アフターには様々なメリットがありますので紹介します。

営業活動に繋がる

指名上昇の画像

そもそもアフターは営業活動の一環で行うので、営業に繋がるのが最大のメリットです。

アフターを行うことによってお客様に疑似恋愛させれますので、お店に来てくれる回数も増えることでしょう。

お客様に「また会いたい」という感情を抱かせることが出来れば、最大のメリットになるでしょう。

恋愛感情とは違って、親睦(しんぼく)を深める意味でもアフターは大事です。

あんまりお店で話せなかったなど仲良くなれば、お店に来てくれる人は多くいます。

キャバクラは接待で使ったりするので、仲の良いキャバ嬢に接待を頼んだりします。

その時のお店の候補指名の候補は、お客様とどれだけ仲が良いかで決まります。

お店に連れて行ってもらえる

美味しそうな料理

様々な飲食店に行くことが出来ます。

しかも、基本的にはお客様が奢ってくれますので、お金を払わずして良いお店に行くことが可能です。

飲食店の種類は、

  • 気になってたお店
  • 食べたいものがあるお店
  • インスタ映えするお店
  • 高いお店
  • 会員制のお店
  • 紹介制(一見さんお断り)のお店

などの飲食店へ行くことが出来ます。

ショッピング後の女性

飲食店の他にも、

  • 映画館
  • ブランドショップ
  • アパレルショップ
  • ラブホテル

などがありますが、仕事の終わる時間によって、行ける行けないがあります。

ラブホテルに行く際には、十分に気を付けるようにしましょう。

セックス(エッチ)をしてしまうと、お店に来なくなる確率が高まります。

アフターのデメリット

バッドポーズ

アフターには様々なメリットがありました。

次に、アフターのデメリットについて紹介します。

営業に繋がるはずが繋がらない

金欠女子高生

これは一番勿体無いパターンです。

お店では好印象で、アフターに誘われ行くと、気が緩み素が出てしまいお客様が幻滅してしまうことです。

アフターでも礼節はきちんとしましょう。

また、お客様をお金で見すぎてしまって失敗するパターンもありますので、お金が目的という感情を前面に出さないように上手く立ち回りましょう。

お店はノータッチ

危険

アフターに関しては、お店側はノータッチです。

アフター中に事件や事故があったとしても、お店側は責任を取ってはくれません。

なので、レイプされたり何かトラブルがあった時に解決するのは自分自身になるので、覚悟の上で行うようにしましょう。

アクシデントやトラブルを避けるためには、アフターで飲みすぎたりしないようにしましょう。

それから、危ない人とはアフターに行かないようにしましょう。

アフター自体に収入は無い

驚く女性

営業活動の一環ではありますが、アフターに行ったからといっても、給料が上がるわけでもないし、お手当が貰えるわけでもありません。

アフターはあくまで、次回指名してもらえるように、またお店に来て貰えるように営業を行う場です。

もちろん、アフターを行うことによって営業に成功して指名が増え、給料が上がる事はあります。

ただし、アフター自体にはなんの報酬もないのは知っておいて下さい。

同伴とアフターの違い

考える女性

同伴は、出勤前にお客様とデートをしてから、一緒に出勤することです。

アフターは仕事終わりの二次会的なデートのことで、同伴とアフターでは意味が異なります。

基本的に同伴もアフターも粗相のないように立ち回ることが必須です。

服装や礼節はしっかりとしましょう。

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね