泡踊りとは

泡踊りとは、ソープランドで女性が身体に石鹸の泡を付け、男性(お客様)の身体を洗うことです。

泡踊りはソープランドならではの接客方法のひとつです。

洗い方は様々あり、で洗ったり、を使って洗ったり、に挟んで洗ったりします。

別名で「ボディ洗い」と呼ばれることもあります。

似た用語で「タワシ洗い」もあります。

タワシ洗いは、女性の局部を使用して男性(お客様)の身体を洗うことです。

ただし、現在の主流はローションを使ったマットプレイになっていますので、なかなか泡踊りをする女性はいません。

マットプレイが主流になってる中、泡踊りをすると皆がしない分、人気が出るかもしれません。

泡踊りのテクニック

マットプレイ

女性の陰毛や胸をタワシやスポンジだと思って、男性(お客様)の全身を洗ってあげます。

その洗っている最中に、男性のペニスには触れている状態を作りましょう。

これはどんな風俗嬢のどんなプレイでも言える事ですが、フェラをしながら乳首を触ったり、逆に乳首を舐めながらペニスを触ったりすると男性(お客様)は非常に喜びます(満足します)。

泡踊りももちろんの事ながら、手や脚を現れている時にペニスや乳首を触られると、男性(お客様)は非常に喜びます(満足します)。

泡踊りの注意点

危険

泡踊りを石鹸やボディソープを使用してのプレイなので、肌が弱い女性などは控えた方が良いです。

泡を使うと肌荒れしますので、一日数回にするかやらない方が良いでしょう。

対策として、ボディソープの代わりにローションを使用してマットプレイをするようにしましょう。

肌荒れしにくいボディソープを使うか、ローションとボディソープを混ぜて泡踊りをするでも良いでしょう。

ペペローション

お客様から要望がある時もありますので、その時用に肌荒れしにくい自分の肌に合ったボディソープを探しておきましょう。

ソープランドは「風俗の王様」と呼ばれるくらいで、男性からも非常に人気のある風俗店です。

忙しい時は一日中、接客をすることになりますので、身体のケアは常日頃から注意しておきましょう。

泡踊りの歴史

泡

1969年(昭和44年)川崎市堀之内に開店した川崎城に勤めていた濱田を名乗る女性が「泡踊り」と呼ばれるサービスを考案しました。

泡踊りが生まれた当時、全国には814軒のトルコ風呂があり、13,645人の姫がいたと言われています。

客数は1,500万人超と推定する記録も残っています。

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね