【風俗用語】オナホールとは?種類や使い方を分かりやすく解説
ポケットワーク広告_目次下_600_400

オナホールとは

オナホールとは、オナニーホールの略で、マンコの形をかたちどったアダルトグッズのことです。

男性がオナニーする時に使用する大人のおもちゃです。

オナホールをさらに略して「オナホ」とも呼びます。

安価な使い捨てのオナホールから比較的高価な洗浄して再利用できるオナホールまである。

おすすめ日給5万円保証の風俗求人特集はコチラ

オナホールの種類

オナホールには様々な種類があります。

貫通型・非貫通型・電動型・カップホール・ポケットサイズ(卵形)などがあります。

さらに、映像に連動して動くタイプもあります。

それぞれの種類について簡単に紹介します。

貫通型

貫通型オナホール

貫通型のオナホールは、挿入口と先端が開いており、ペニスを入れると先端(亀頭部分)が出てしまう構造のオナオールのことです。

ローションなどをしようして利用するので、先端部分から垂れてしまうなどのデメリットがあります。

しかし、貫通しているので洗いやすいため洗浄の手間が楽ちんというメリットがあります。

また、射精した精液の処理も行いやすいです。

非貫通型

非貫通型オナホール

非貫通型のオナホールとは、挿入口のみ開いており、先端部分は閉じられている構造のオナホールのことです。

オナホール内で射精した場合、精液の塊が先端部分に引っかかって取れづらいというデメリットがあります。

しかし、女性の性器(まんこ)の形がリアルに再現されているため、先端に当たる感覚が快感になるメリットがあります。

洗浄する際には、裏返して洗浄すると綺麗に洗うことが出来ます。

電動型

電動オナホール

電動型のオナホールとは、オナホールにローターなどの振動がプラスされたり、自動で上下にピストン運動してくれるオナホールのことです。

AVの映像と連動するモデルもあります。

値段は高価になりますが、その分の快感が得られます。

振動のパターンなどを変えれたり、ピストン運動の動きに緩急を付けたりと飽きにくいオナホールの一つです。

カップホール

カップホールオナホール

カップホールのオナホールとは、プラスチックの容器の中に、スポンジやエアクッションなどの覆われているオナホールのことです。

使い捨てのオナホールの場合が多いです。

安価で購入できるメリットがあります。

ポケットサイズ・卵形

ポケットサイズ・卵形オナホール

ポケットサイズ・卵形のオナホールとは、卵型や超薄型・小型のオナホールのことです。

かなりコンパクトなので、かばんに入れて持ち運ぶことも容易に出来ます。

カップホール同様で、使い捨ての場合が多く、安価で購入できます。

風俗業界ではオプションとして用意されている

お金を持ってる女性

風族業界では、主にオプションとして用意されている場合が多いです。

業種では、オナクラやエステなどのソフトサービスの風俗店で利用されることが多いです。

オナホールを使用して、男性のフィニッシュ(射精)のお手伝い・後押しをします。

オナホールを使用する時は、ローションを使って滑りを良くして使用します。

素股が下手くそな女性はオナホールを使用すべき

指を差す女性

素股はテクニックが必要になるプレイです。

正しい素股のやり方覚え、何度も繰り返して行うことで上手になります。

上手になるまでは、時間がかかります。

下手くそな時でも風俗嬢は素股で男性を満足させてあげないといけません。

そんな時にオナホールを持参する女性は男性からモテます。

下手な素股をして萎えるより、オナホールに頼って気持ちよくさせる方がよっぽど男性は満足できます。

ただし、オナホールは持参するので、自費になります。

数千円で購入できるものなので、買っておいて損はありません。

洗って使えるものよりは、清潔感のある使い捨ての新品を使用しましょう。

衛生面で相手に気遣える女性になりましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事