アウトコールとは

アウトコールとは、接客サービスの終わりの際に店舗スタッフに、接客終了したことを連絡する電話のことです。

主に、デリヘルホテヘルなどの移動型・派遣型風俗で使用される言葉です。

派遣型サービスは、女の子一人でお客様が指定したラブホテル・ビジネスホテル・自宅へ派遣されるので、終了の連絡をしないと店舗スタッフと連携が取れません。

なので、お客様との接客が終わり部屋を出る前、もしくは出た後に店舗スタッフへ連絡をする決まりがあります。

この業務連絡の電話のことを「アウトコール」と呼びます。

アウトコールの対義語

アウトコールの反対の意味で「インコール」があります。

これは、接客を始める際にする電話のことです。

アウトコールの必要性

OKポーズ

アウトコールには、2つの重要性があります。

  • 状況把握
  • 安否確認

アウトコールをすることによって、この2つのことが同時に確認出来ます。

つまり、アウトコールは店舗スタッフが状況を把握するために大切なものですし、女性の安否の確認も兼ねていますので、今働いている女性は忘れずに連絡するようにしましょう。

たまに、電波の通じないホテルがあったりしますが、ホテルの電話を借りるなどして電話しましょう。

また、女性が店舗スタッフの状況を確認することが出来ます。

例えば、渋滞などで到着が遅れそうな時は、アウトコールの時に伝えることができますので、お客様と少し長くいたり、ホテルの休憩室などで待つことが出来ます。

最近のアウトコール方法

LINEアイコン

最近はスマートフォンの普及もあり、LINE(ライン)でアウトコールをする店が増えてきています。

もちろんながら、電話でアウトコールするところがほとんどですが、LINEの方が楽だったりするので、LINEでのアウトコールを導入してる店舗が増えてきています。

アウトコールのやり方は店舗によって様々なので、店舗に確認を取りましょう。

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね