ガールズラウンジ嬢のバイトの仕事内容、求人の探し方

キャバクラ勤務は未経験だから不安・・・という女性には夜の仕事初体験としてガールズラウンジでのバイトがおすすめ

ライブでゴーゴーの広告画像です女性登録数70,000人のライブチャット

ガールズラウンジの仕組みやキャバクラとの違い

ガールズラウンジとは「ガールズバーキャバクラの中間」というコンセプトのお店の総称です。

ガールズラウンジのラウンジは英語で「LOUNGE」となり、この言葉は「社交場」という意味があります。

ガールズラウンジで働いている女性は

「ラウンジ嬢(らうんじじょう)」

「ラウンジガール」

「ラウンジレディー」

と呼ばれることもあります。

キャバクラではドレス必須ですが、ガールズラウンジ勤務時の服装は私服(但し、ジャージや帽子、サングラスなどカジュアルすぎる服装は基本NGで、ドレスコードがあるお店もある)が基本です。

なので、素人風の女性が働くキャバクラというと雰囲気が伝わるかもしれません。

逆に、キャバクラのようなドレスアップした女性は敬遠される傾向にあります。

素人の女の子がアルバイトをしている、と言う雰囲気をお客さんも求めています。

ガールズラウンジに訪れる男性の客層も、キャバクラと比べて劣ることはなく、キャバクラと比べるとよりリラックスした空間で肩肘のはらない会話を楽しみたい男性客が多いように感じます。

完璧な接客を求める訳でなく、緩い雰囲気を好んでいる傾向が強いです。

さらに、女性に対してガツガツしてない男性が多いのがキャバクラに行く男性との一番の違いかもしれません(キャバクラではキャバ嬢との交際や体が目的の男性が多いです)。

なので、夜の仕事が未経験の女性でもすんなりと働くことができやすいです。

ガールズラウンジはハードルも低いので、まずはここから働いてみる、という人も多くいます。

その後キャバクラへとステップアップする人もいます。

ガールズラウンジによっては男性客が会員制のこともあります。

会員制のラウンジだからといって特別堅苦しい雰囲気ではないので安心してください。

会員制の場合はメリットとして身元のよくわからない男性はお客さんとしてあまりお店にこないという点が挙げられます。

一見さんお断りで、紹介でしか入れないお店は、人見知りの方でも働きやすい環境と言えます。

また、お客様とのトラブルが少ない傾向にあるのも特徴です。

高収入会員しか入れないラウンジの場合は富裕層男性のみとなります。

会員制ラウンジについては当ページ下部で詳しく説明します。


ガールズラウンジ求人サイト
「FAstyle」

ガールズラウンジ求人サイト「FAstyle」

ラウンジレディーの仕事内容はキャバクラと似ている

基本となるのは男性客との会話です。この点はキャバクラと同じです。

男性客とはソファ等で並んで座り会話します。

会話をメインに、男性客とお酒を飲んだりしてその場の雰囲気を男性と一緒に楽しむお仕事です。

店舗によってはお酒を作ったり、タバコに火をつけたりとキャバクラ的な接客をするお店がありますが、基本的にはそのような水商売風の接客は不要です。

もちろん、そのような接客が出来る事に越した事はありませんが、その様な接客を嫌がる人も多いようです。

ラウンジで働く女性にとって、キャバクラとの違いで有り難いのはノルマ・ペナルティが無いことです。

なのでアルバイト感覚で気軽にのびのびと働く事ができます。

営業時間外の営業メールなど、時間外の拘束が無い為、学生やOLでも働きやすいでしょう。

男性客も一見どこにでもいそうな女性と気楽に会話したい方が多いので、接客するというよりは、一緒に楽しむというのが大事です。

他にもシフトに縛られない自由出勤制など、すべての面でキャバクラよりおおらかな設定のお仕事です。

なので基本的には暇ができて、お金を稼ぎたいときに出勤するということでOKです。

男性客との同伴・アフターはキャバクラと同じくあります。

太客をつかまえておけば当然収入が増えます。

性格的に自分に合うかどうか心配だという女性は体験入店でお店の客層や雰囲気・同僚の様子などを見て実際に働くか決めた方がいいでしょう。

稼ぐために営業メールをすることも

ガールズラウンジとはいえ、給料を稼ぐために働くのですから無理をしない範囲で稼ぎたいものです。

キャバクラと同じくガールズラウンジでも男性客から指名をもらえれば指名料がもらえますし、同伴出勤すれば同伴料が給料に追加されます。

指名をもらうためには多少の営業活動をした方が有利で、キャバ嬢のようにメール・電話などでお客さんに営業活動することも基本許可されています。

しかし、キャバクラのように強制されるようなことはありませんので、状況により自身で決める事も出来ます。

どうしても教えたくない、という時は連絡先の交換を断る事も出来なくはありません。

しかし同じ出勤時間でより多くのお金を稼ぐには、ある程度のサービスは不可欠となります。

そのためには自分の名刺を作ったり、お客さんから名刺やメールアドレス・電話番号を教えてもらわなくてはなりません。

携帯も仕事用とプライベート用で2台持っていた方が安心して営業ができるので2台持ちがおすすめです。

ラウンジガールの時給・給料

売上げによって給料が決まる完全売上歩合制を採用しているお店が多いです。日払い対応店もあります。

なので接客した男性客が支払った・飲んだお酒の金額によって変動します。

指名料・同伴料金・ボトルなどは勿論給料に反映されます。

時給制のお店では時給3,000円から4,000円くらいが多いです。

ただ、「ガールズラウンジ」と名乗っていても実質ガールズバーじゃん、というお店があるので採用面接の時に要確認です。ガールズバーの場合は時給は2000円前後と、かなり低くなります。

求人情報だけではわからない事もあるので、口コミなどから業種を確認してみるのも良いでしょう。

求人情報などの注意点

ガールズラウンジはまだ新しい業務形態なので仕事内容や報酬が定まっていません。

ガールズラウンジという求人をインターネットなどに出し、面接で女性を採用した後、実際にはガールズラウンジとは異なる業務形態のお店に勤務させるなどのトラブルが多発しているようです。

  • 求人広告にガールズラウンジという風に書いてあっても、実際に面接した時に
  • 仕事内容詳細(おさわりなどは禁止か、お酒は作るか)
  • 客層(年齢層はどれくらいか、30代・40代でも働けるか、水商売の人は多いか、泥酔客は多いかなど)
  • ノルマの有無
  • 時給制か完全売上制か
  • シフト制・自由出勤かどうか
  • 出勤キャンセル時のペナルティの有無
  • 同伴・アフターなどの扱い

これらの項目を確認しておくとトラブルを避けられます。気になる事は遠慮なく聞くべきです。

求人情報サイトの「hanahina(ハナヒナ)」は関東・関西地方の

  • ラウンジ(ガールズラウンジ)
  • ガールズバー
  • 高級クラブのホステス
  • キャバクラ嬢
  • 朝キャバ・昼キャバ嬢

これらいわゆる「カンパイ系」と呼ばれる求人情報がとても充実しているサイトです。

仕事の探し方も簡単なので、迷うことなく自分の希望に合うお店が見つかるはずです。

面接から即日体入できるお店がほとんどですので、事前に心の準備をして応募すると話が早くなるかもしれません。

求人情報サイト
hanahina(ハナヒナ)

求人情報サイトhanahina(ハナヒナ)

派遣サイトに登録すると気軽にラウンジで働ける

キャバクラ・ラウンジへの派遣会社に登録すると、定期的に仕事の斡旋を受けることができます。

キャバクラの人間関係が怖い、太客に怖い思いをしてキャバクラを辞めた、という経験者は派遣型の方が気楽に仕事ができるかもしれません。しかし、その分時給が低かったり、指名されることが難しくなります。

通常のラウンジのキャストの求人は

体験!ガールズバイト

がおすすめです。掲載されているお店はすべて体験入店可能です。

ラウンジ勤務に向いているのはこんな人

接客業なので明るく社交的で話題が豊富な女性に向いているお仕事です。

ただ、お客さんも酔っている状態ですので多少のセクハラ(言葉、おさわりの両方)に我慢できる忍耐強い女性の方が向いています。

短気な女性だとイライラが募って接客しづらくなるはずです。

割り切って接客が出来るのであれば、20代後半~30代の女性でも働く事は出来ます。

どうしてもタッチ・おさわりされるのは嫌で辞めたい、という女性はライブチャットなどで仕事をするとストレスが減るかもしれません。

お酒はもちろん飲めた方が稼ぎやすくなります。

しかしお酒が飲めなくても仕事はできますので安心してください。

お店によってはノンアルコールのドリンクを提供してくれるお店もありますので、事前に相談してみてください。

有名なガールズラウンジのお店

まだ数が少ないせいか、有名店の数も少ないです。

有名なお店には「zulu」「ray」「en」などがあります。

ガールズラウンジは東京の新宿・渋谷・西麻布・麻布十番・六本木周辺地域で営業していることが多いです。

他には北海道すすきの・大阪・名古屋・福岡など、やはり日本を代表するような繁華街にお店を構えるようです。

会員制ラウンジとは

普通の男性なら誰でも入れるガールズラウンジとは異なる、限定された会員制ラウンジでは一気に客層やお店の雰囲気が変わります。

場所は西麻布・青山・銀座・恵比寿など一等地にあるのはもちろんのこと、お店の外観・証明・ソファなどのグレードも上がります。

ラウンジとはわからないような店構えの店舗も多いので、面接などの際は注意して下さい。

男性客は収入、立場・地位、職業、マナーなどを重視されるのはもちろんですが、それらすべてを兼ねそろえていても会員の紹介がないと入会できないセレブや芸能人御用達の会員制ラウンジもあります(リミテッドラウンジと呼ばれることもあります。)。

男性のグレードが高いので働く女性に求めるものも当然上がります。

何より見た目・スタイルは重視されます。求人募集に応募しても面接で落とされることが増えるはずです。

その分給料は普通のガールズラウンジ嬢より遥かに高く、高級キャバクラ嬢並みの給料を手にすることができます。

さらにはお金に余裕がある会員から愛人契約の要望やプレゼントをもらうことも増えるでしょう。

プレゼントはともかく愛人契約は気軽に了承しない方がいいですが(トラブル防止のため)、大金を手に入れるチャンスであることは間違いありません。

愛人契約目当てで働く場合は交際クラブと結局は同じかもしれませんが、会員制ラウンジでは交際に発展する過程も充分に楽しめます。

会員制ラウンジのバイト求人が多いのは恵比寿や西麻布

会員制ラウンジになると普通のナイト系求人情報サイトには求人募集の広告がほとんどのりません。

お店のホームページをチェックして個別に求人応募してください。

キャストのアルバイトは性質上常に募集しているお店がほとんどです。面接では特別に知識や教養などを求める内容は無いですが、外見には細かく気を遣ってしっかりメイクも施して臨んでください。

有名な会員制ラウンジ

  • 38℃ サンジュウハチド(恵比寿)
  • Adore(アドアー)(恵比寿)
  • Ticket(チケット)(恵比寿)
  • Salon en velours(恵比寿)
  • Aoyama Lounge-青山ラウンジ(青山)
  • RETTALF レトルフ(西麻布)

九州の福岡・熊本などではキャバクラのことをラウンジ・ニュークラブと呼びます

福岡や熊本ではキャバクラのことをラウンジ・ニュークラブと呼ぶこともあります。

したがって求人広告にもラウンジ嬢募集と記載があります。

他にも北海道のすすきのではキャバクラのことを「ニュークラブ」と呼びます。

このように地方によっては同じ言葉でも別の意味を持つことがありますので、住み慣れていない場所の求人情報をチェックする時は注意してください。

ちなみに北海道すすきのではキャバクラとはセクキャバのことです。

このように過激なプレイを含むような仕事内容に変わってしまう可能性があります。

地域による業種の名称の違いには十分に注意してください。

昼キャバのように朝・昼に営業するラウンジが増加中

ラウンジのメインの営業時間である夜に来店できない男性や、主婦や子育て中の女性でも働けるように朝や昼に営業するラウンジが少しづつ増えています。

時給などの給料面では夜のラウンジより多少安いですが、夜に時間が作れない女性にとってはありがたいお店です。

ガールズラウンジ体験談・口コミ

  • ラウンジは、キャバクラやスナックなど経験してから働いた方がいい。あと、容姿よくて酒飲めないとクビにされるよ。でも、ノルマは、ないから働きやすかった。派遣キャバクラは、おしゃれして演技してコンパニオンみたいに接待すればクビには、ならないね。
  • 未経験だと雇ってくれないお店があるから、ガールズ居酒屋とかでバイトはしておいた方がいい。
  • 会員制って言っても客層がそこまでよくないかも。

新規体験談・口コミを投稿する

参考になる動画へのリンク

ガールズラウンジの仕事が気になる人におすすめの職種

ガールズラウンジに興味がある人に役立つ記事

Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね