1. ガールズバーの女性キャストの仕事内容や給料

女性がカウンターの中で会話や接客をする仕事です。ただお店によっては制服がエロ系になったりと進化中

最終更新日:2017年06月08日

時給+歩合制なのでドリンクバックで相当稼げるガールズ系バイト

ガールズバー(girls bar)とはお酒が飲める店舗で女性バーテンがカウンターの越しに接客する比較的新しい形態の飲食店です。

別名レディースバーとも呼ばれます。

女性バーテンは10代後半の大学生・フリーターから20代半ばの社会人が多いです。

キャバクラと比べると女性の年齢層はかなり低めです。

しかし18歳未満の女子高校生はガールズバーでの勤務は基本禁止されています。

日本では2005年頃から大阪・京都・名古屋など東海・関西地方で流行りだしたと言われています。

主な仕事は来店したお客さん(ほとんどが男性)に対して簡単なカクテルやウィスキーの水割りを作り、楽しく会話することです。

お客さんと一緒に女性もお酒を飲むことも大事な仕事の中のひとつです。

お酒を飲むとドリンクバックといって給料が上がる仕組みを導入しています。

他には繁華街でのお客さんのキャッチを女性店員がすることもあります。

ただ、強引な客引きは法律によって禁止されています。

服装は女性バーテン用の服を用意してくれるお店もありますし、私服OKのお店も多いです。

制服貸与のお店ではバーテン風もあれば、やや肌の露出の多い服装もあり、お店の雰囲気によって服装がかなり変わります。

ガールズバー「イブ」HP画像

イブHP画像

給料システム

時給制+歩合制を採用しているお店が多いです。

支払いも日払い・週払いなど、お金に困っている女性をサポートする仕組みになっているお店がほとんどです。

時給は1,600円〜2,500円と、キャバクラと比べると安いですが、ガールズ居酒屋と比べると高い、という中間に位置します。

給料にドリンクバック有のお店で働いた場合はお客さんと会話しながらお酒を一緒に飲むと時給2,000円〜3,000円くらいになります。

コスプレが売りのガールズバーなどではオプションが多数用意されていて、もちろんオプションは給料に反映されます。

副業・アルバイト感覚で働いている女性が多い

ガールズバーはかなり若い女性が副業・アルバイトとして働いていることが多いです。

もちろん本職・本業としてガールズバーで働いている女の子もいます。

給料が高いので本職にしてもそれなりに高い生活レベルを維持できます。

ただ、10代・20代前半キャストのメインなのでキャバ嬢と比べると20代なかば以降の女性は少し働きにくさがあります。

18歳以下の女子高生は基本的に働くことができません。

18歳未満でもOKというのは違法店の可能性があります。

学校終わりの女子大生・専門学生もかなり多く、同年代の友達を作りたい、という女性ならすぐ友達ができると思います。

ガールズバーの客層

ガールズバーの営業時間は18時頃からが多いので、必然的に仕事終わりのサラリーマンが多くなります。

そこまで料金が高いお店では無いので大学生がお客さんとしてくる事もありますし、男性だけでなく女性もお酒を飲みにガールズバーにひとりで来ることもあります。

ただ、メインはやはり仕事終わりのサラリーマンです。

なのでサラリーマンとの会話に慣れていると仕事がかなり楽になります。

乱暴な男性や泥酔客はお店の黒服・ボーイが対応しますので、女性に危害が及ぶことはまずありません。

ガールズバーとキャバクラの違い

なんとなくキャバクラとガールズバーの区別がつかない女性は多いと思います。

最も大きな違いはガールズバーはすべてのお客さんと基本バーカウンター越しで話し、キャバクラは隣に座って話すことです。

なので、体を触られたりなどの接触系のセクハラなどをされる可能性はほとんどありません。

キャバクラはノルマがありますが、ガールズバーではノルマがありませんでの気楽に働けます。

同伴・アフターも無ければ指名もありません。

男性から仕事終わりにアフターを誘われても断って大丈夫です。

その分給料は1,500円〜3,000円くらいでキャバクラと比べると安くなります。

なので過大な接客ストレスやノルマが苦手という女性はキャバクラよりガールズバーの方が向いています。

ただドリンクバックはありますので、お酒がとても強い女性ならドリンクバックで稼ぐことができます。

どちらかというとキャバクラより昼キャバに雰囲気は似ているかもしれません。

ガールズバーに向いているのはこんな人

まず年齢的に若い女性に向いています。

10代から20代前半までがメインの求人ゾーンです。

できれば社交的で明るい性格の方が向いていますが、キャバクラほどはお客さんへの気遣いや会話力が求められません。

ノルマも無く、時間の融通も利くので専門学生や大学生の副業に向いている仕事です。

より高い収入を求めるならキャバクラや肌の露出の多いちょっとアダルト系のガールズバーの方が良いでしょう。

ガールズバーでお金を稼ぎたい、というケースではやはりお酒をたくさん飲める女性の方が向いています。

お客さんと会話しながら一緒に同じくらいの量のお酒を飲んでドリンクバックを稼ぐと実質的に時給が大幅にアップします。

ガールズバーの求人情報を見る時は勤務時の服装に注意

まず注意したいのは制服(服装)です。私服OKならいいのですが、中には露出の多いコスプレのような服を制服としている店舗があります。

このような店舗ではサービス内容もガールズバーでは本来禁止されている行為を含むことがあります(その分時給は高くなる傾向があります)。

ガールズバーでの法的な禁止行為を容認・推奨している店舗は警察から摘発されるなどの危険がありますので避けた方が無難です。

あとは店外キャッチのノルマの有無も気をつけたいです。

これらは求人情報誌やネットの情報を見ただけではわからないので、採用面接の時に遠慮なく聞いてください。

面接や店舗のネットの体験談・評価などを見てもよくわからない・不安なときは体験入店の相談をしてください。

どのガールズバーも体験入店を受け入れています。

求人情報サイトのhanahina(ハナヒナ)は関東・関西地方の

これらいわゆる「カンパイ系」と呼ばれる求人情報がとても充実しているサイトです。

仕事の探し方も簡単なので、迷うことなく自分の希望に合うお店が見つかるはずです。

面接から即日体入できるお店がほとんどですので、事前に心の準備をして応募すると話が早くなるかもしれません。

私服勤務がOKのお店なら面接を受けてそのまま体入できますので、即日体入する気があるなら服装も面接後そのまま働ける様なもので面接を受けてください。

珍しい高級クラブのホステスなど、それぞれの業種の詳しい解説もハナヒナのサイト内で詳しく説明してくれていますので安心です。

下着姿やパンチラなどの服装で接客するセクシーガールズバー

セクシー居酒屋と似ていますが、セクシーガールズバーという求人も少しづつ増えています。

セクシーと付くのでなんとなく想像できるかもしれませんが、セクシー系の衣装を着た女性がバーテンとなり男性を接客します。

衣装以外はガールズバーと仕事内容は変わりませんが、多少時給が高くなります。

種類はかなり多く、確認できただけでも「水着ガールズバー」「ランジェリー・下着ガールズバー」「パンチラガールズバー」「下乳ガールズバー」などがあり、かなり過激な服装で接客をします。

男性のフェチ・性癖に合わせて店舗展開をしているようです。

通常のガールズバーと比べて時給など給料面が高いので、高収入を求めてセクシーガールズバーで働く女性も多いです。

会員制の高級ガールズバーは客層が安定

ガールズバーは基本的に誰でも来店できますが、中には

これをコンセプトとして営業しているガールズバーもあります。

高級店や会員制のガールズバーだと会員制のラウンジとの区別がほとんどできなくなり、仕事内容にも差が無くなります。

ただ、どちらも客層がかなり良くて時給も高いのですが、普通のガールズバーの給料では物足りけどキャバクラやセクシー系のガールズバーは嫌だという女性に向いています。

会員制ラウンジは先ほど紹介したハナヒナで女性を募集しています。

うまくいけばパパになってくれる男性や愛人契約してくれるお金持ちも見つかりますので、ある程度まとまったお金が欲しい女性はチャレンジしてください。

ガールズバーが多い地域と有名店リンク

やはり繁華街と呼ばれる地域はガールズバーが多いです。

などは多数のガールズバーが鎬を削っています。

リンクをタップすれば各地域のガールズバーの求人情報を確認できます。

体験談・口コミ

新規体験談・口コミを投稿する

ガールズバーの仕事が気になる人におすすめの職種

ガールズバーのキャストに興味がある人に役立つ記事

ライブでゴーゴーのチャットレディ募集