いちゃキャバ嬢は勤務前にサービス内容を要確認の高時給バイト

セクキャバキャバクラの中間といわれるいちゃいちゃできるキャバクラでキャストとして働く!

いちゃキャバの優良店求人情報コチラを確認してください。

いちゃキャバとは

イチャイチャしている男女

いちゃキャバはキャバクラとセクキャバの中間地点にあるといわれる店舗型のサービスです(ですがセクキャバとの違いはかなり曖昧です)。

いちゃキャバは「いちゃいちゃできるキャバクラ」の略だと言われています。

また、セクシーパブと呼ばれることもあります。

一般的にはお酒を飲みながら、女性との会話や密着感を楽しむことが出来るお店、と言う定義となります。

お店を構えて、女性コンパニオンが接待するといういちゃキャバのサービス内容はキャバクラと似ていますが、勤務する女性の方から比較的積極的に男性と腕を組んだりし、触れ合ったりとキャバクラではNGとされる事もOKとなっています。

店舗のコンセプトによってはドレスだけでなく、制服などのコスプレに仮装することがあります。

しかし、セクキャバほど積極的にアダルト寄りのサービスがあるわけではないので、エッチ系の仕事は嫌だけど男性とのトークも長時間は正直辛いという女性に向いているお仕事です。

いちゃキャバで有名店には新宿の「ナースコール」、吉祥寺の「niuniu(ニューニュー)」、こちらも吉祥寺の「@Days(アットデイズ)」などがあります。その他にも新橋や池袋などサラリーマンの多い街にたくさんあります。

地域ごとのいちゃキャバの求人情報はミミロケQプリなどのサイトを使って業種検索、仕事検索をすれば簡単にみつかります。

Qプリの場合は、「業種で探す」→「セクキャバ・セクシーパブ」で求人を見つけることができます。

ミミロケでは「地域を選択」→「仕事を探す」→「業種で選ぶ」→「セクシーキャバクラ」で見つけることができます。

「いちゃキャバ(イチャキャバ)嬢」という職種で求人募集されていることはほとんどありませんので注意してください。

歌舞伎町のいちゃキャバ
「ナースコール」HP画像

ナースコールHP画像

イチャキャバは具体的な仕事内容、どこまでがOKか?

いちゃキャバ嬢はキャバクラと同じくフロア型の店舗で男性とマンツーマンで相席します。

男性と楽しく会話をしながらくお酒を作り、時には自分もお酒を飲みます。

キャバクラとの一番の違いである、男性とのタッチですが、男性の方から触るのも、女性の方から触るのもどちらも有りとなっているお店ほとんどです。

ですがOKなのは、服の上からさわったりすることで、キスもフレンチキス程度、服の下から胸・バストを直接さわったりなどのそれ以上は禁止行為となっているお店がほとんどです。

下半身は触ること自体がNGのことがあります。

どこまでOKかは実際に働く前にお店の責任者に確認しておいた方が安全です。

中にはハードなサービスを売りにしているお店もあるので、事前にインターネットの口コミで確認したり、採用面接の時にどこまでの行為がOKなのかをしっかり確認してください。

セクキャバとほぼ同様の過激なサービスを行うお店もあります。

イチャキャバだから大丈夫だろう、と思っていたのに過激なサービスを要求された、と言うトラブルを回避する為にも、しっかりと事前に調査を行いましょう。

お店側も過激なサービスを売りにしている事もありますので、説明と違った、なんてケースも少なくはありません。

勤務時の服装は通常のキャバクラと同じでドレスのお店もあれば、水着・制服などのコスプレのお店もあります。

なので結局は勤務するお店次第で色々と変わってきます。

面接時にお店に確認してください。

イベントなどでも服装は変わります。

時給・給料支払い方法

給料画像

3,000円〜8,000円くらいの幅で変動があります。

キャバクラと同じく、お酒の注文・指名・同伴などがオプションとしてあり、男性客からオプションをもらえれば自分の時給・報酬に反映されます。

多くのお店が日払いに対応しています。

同伴・アフターはいちゃキャバ嬢にもあります。営業中は「抜き」はないので安心して働けます。

ただキャバ嬢の同伴・アフターよりあからさまなセックス目当てのお誘いがいちゃキャバ嬢には多いです。上手にあしらいましょう。プレゼントなどは個人的に受け取って大丈夫です。

しかしキャバクラと異なり、お店で高額を使うお客さんは稀です。大きく稼ぎたい、という方には不向きかもしれません。

いちゃキャバで働くメリット

店舗数も多く、男性からのニーズが高い割に女性の認知度が低いのがいちゃキャバという業種です。

つまり働く人が少ないので好条件、好待遇な場合が多いのでがっつりと稼ぎたいという人にはお勧めです。

また、キャバクラなどと異なりノルマや営業などを求められることはまずありませんので女の子の都合で気楽に働くことが出来ます。

店によってはお客との連絡先の交換や店外での接触を禁止している場合もあります。

仕事とプライベートをしっかりと分けたい方や、営業などが苦手な方に向いています。

出勤日数や出勤時間なども自由な店が多いのも特徴です。

どちらかと言うとキャバクラより風俗などに近い勤務形態となります。

いちゃキャバは危険かどうか

いちゃキャバという職種自体が曖昧な状態なので、安全かどうかや具体的な仕事内容は店舗次第になってしまいます。

中には通常のキャバクラのような求人広告ですが、いざ面接にいったらセクキャバのように男性客とぺッティングやキスなどの仕事があることを知らされる、ということもあります。

すべては店舗次第なので、仕事内容が危険だと感じたり性病リスクが嫌だという場合は通常のキャバクラやガールズバーなどでまずは水商売の経験を積んだ方がいいかもしれません。

性病に関しては感染の可能性はそれなりにあります。

ただ、他人とキスをするだけでも感染の可能性はありますのでベッティングがフェラチオなどがサービスとして無ければ感染確率はかなり低いです。

お店でも消毒液などを性病対策として用意してくれているので必ず使ってください。

いちゃキャバの求人情報で注意すること

時給、ノルマ有無は必須として、最も確認しておきたいのはどこまでがサービス内容かということです。

いちゃキャバという求人募集でも実際にすることはピンサロと同じ、つまり男性客に対して抜きのサービスを行うなどの可能性があります。

そういうことはもちろん求人広告に掲載されないので、採用面接の時に聞くしかありません。

話を聞いてもやはり不安なら体験入店の相談をしてください。

たいていのお店はキャバクラ同様体験入店が可能です。

どんなお店でも体入からのスタートがおすすめ

いちゃキャバについて説明してきましたが、求人広告の内容を気に入っても面接してみたら内容と全然違う、仕事をはじめてみたら話と全然違う、などのトラブルが起きると気分的にも辛く、ストレスになるものです。

なので、あまりかっちり考えず、体験入店からスタートして数日働いてみて本入店を決定するとあらかじめて面接時に伝えておくと気が楽です。

実際に働いてみて自分には合わないと感じれば辞めて別のお店や他の高収入系のアルバイトを探しましょう。

求人情報はミミロケQプリなどの高収入系バイト情報サイトで「セクシーキャバクラ」等で業種検索すればすぐ見つかります。

他にも出会い喫茶やデートクラブなど、意外と稼げる仕事は沢山あります。

お触りなどのエロ系が仕事に含まれるいちゃキャバやセクキャバでなく、触られることが無いキャバクラ・ガールズラウンジ・ガールズバーで体験入店からはじめたいという女性は体験ガールズバイトでの仕事探しがおすすめです。

いちゃキャバで働くのが心理的に抵抗があるという女性は「ネットキャバクラ」とも呼ばれるチャットレディがおすすめです。

スマホ・携帯を使って男性と会話したり、メールしたりするごとにお金が貯まる仕組みのバイトなので、好きな時間に在宅で働けます。

人気ライブチャットは新人女性がかなりモテますので、興味がある方は是非登録してください。

稼ぎやすいと選ばれる人気ライブチャット総合ランキングはコチラの記事を参考にしてください。

体験談・口コミ

  • お給料は日によって違うが、時給2000円いかないことも多々あった。
    手コキをしながらキス、手マン、胸直見せ、触り、舐め、がプレイにある。
  • いちゃキャバって求人見て面接に行ったらピンサロでした。
    けどオプションで選べるって言ってたから強制ではないみたいです。
  • お酒飲んで遊んでる感覚で働けてしかも給料が高いから普通に働くのが馬鹿らしくなる。
    続けると金銭感覚が狂うよ。
  • 身長が高かったりバストが大きい人の方が面接の合格率が高いです。
    AカップBカップでも働けるけど巨乳の方が人気が出るので稼ぎやすい。
  • お触り無しって聞いた入ったら実際はおさわりありだった。

新規体験談・口コミを投稿する

いちゃキャバの仕事が気になる人におすすめの職種

いちゃキャバに興味がある人に役立つ記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね