1. ハーフの女性は高級デリヘルやソープでバイトがおすすめ

ハーフ・クオーターなどの女性はハーフタレントブームの影響で風俗業界でも大人気!女性の数が少ないから競合も少なくて稼ぎやすいです

最終更新日:2017年06月08日

ハーフやクオーターの女性は風俗業界での需要が極めて高い

テレビに出演しているタレントやモデルにはハーフの女性がとても多いです。

これはハーフ独特の美貌だけでなく、日本人女性とは違うDNAを持っており、幼少期を海外で過ごしたなど、明らかに純日本人とは違う「個性」を持っているということで重宝されているのだと思います。

日本は島国ということや移民を受け入れていないことから、そもそも国際結婚をする男女の割合が少ないです。

よって国際結婚によって生まれる女性の数も少なくなります。

しかしテレビなどのメディアに登場する芸能人やモデルはハーフの女性が多いので男性達は当然ハーフやクォーター女性に憧れを持つようになります。

ですが世の中にそこまでハーフの数は多くないので普通の生活ではなかなかハーフ美女とは出会えません。

ではお金で欲求を解消してしまおうということで、ハーフの風俗嬢を探そう、ということになります。

もちろんハーフの風俗嬢は数が少ないけど需要が高いので必然的にたくさんのお金を払わないと男性も出会えません。

しかしそこはハーフという価値が高級感を出しますので高い料金を払うことに男性も納得してくれます。

よってハーフ女性はデリヘルやソープランドの高級店〜超高級店で働くのがおすすめです。

もしルックスやスタイルに自信がなくてもまずは高級店から狙って、面接に応募しましょう。

それで不採用が続いたら徐々にランクを落として行くような作戦がおすすめです。

高級店が多いのはデリヘルとソープランド

風俗ではなくナイト系バイトで高級店を狙うなら高級キャバクラがおすすめです。

高級キャバクラは時給制なので確実に稼げますが、ハーフというルックス以外にも話術やお酒の席の盛り上げ方なども大事なので風俗と比べるとハーフであること自体の価値が低くなります。

それに、もし帰国子女のバイリンガルなどで日本語のみを母国語としている女性ほど日本語が堪能でない場合は多少不利になる場面があるかもしれません。

風俗店の場合は会話がメインの仕事ではないので、語学力は多少低くても大丈夫です。

風俗バイトで高級店を狙うなら

は高級店が多く、いろいろな選択肢が増えます。

デリ・ソープ嬢共に完全歩合制ですが、逆を言えば指名数さえ確保できれば他の同僚より大金が稼げるということを意味します。

ハーフのAV女優として稼ぐ方法もありますが、AV女優はある種タレントや芸能人に近い立場になりますので、デリヘルやソープと比較するとハーフAV女優同士の競争が激しいです。

なので競争が少ない場所で確実にお金を稼ぎたいなら風俗系バイトの方が確実だと思います。

デリヘル・ソープランド共に高級店は

という共通点があります。

お店の福利厚生などの待遇面でも平均的な風俗店よりかなり良いですので、高級店に入ることによるデメリットはほとんどありません。

ただ

という特徴があります。

面接で不採用になりやすいという点はハーフという付加価値があることでクリアしやすくなります。

同僚との競争も、ハーフ専門高級風俗店などであれば別ですが、専門店は少ないですので競合となるのは日本人の女性でしょう。

こちらもハーフという日本人同士の競争とは別の付加価値がありますので有利です。

それに、そもそも高級店は安定した常連客を抱えています。

よって男性客による女性の奪い合いのようなもの(指名合戦と呼ばれます)が発生することはあっても、女性キャストによる男性客の奪い合いは起きにくいです。

パイの大きい男性陣がパイの少ない女性陣を奪い合う、というのが一般的な高級店のパターンです。

なので女性側が過剰なサービスをしたり、営業活動などをする必要はほとんどありません。

ライブチャットのチャットレディもハーフ女性の人気が高い

ライブチャットは大きく分けると

に分けられます。

どちらもメリットとデメリットがありますが、ハーフという特徴を活かしてお金を大きく稼ぎたいならパソコンライブチャットの方が向いています。

というのも、パソコンライブチャットにはパーティチャットという仕組みがあります(携帯にもパーティチャット機能があるサイトはありますが、パソコンほどは盛り上がりません)。

パーティチャットには数十人以上の男性が同時にログインすることができ、人数が多ければ多いほど掛け算式で報酬が増えて行く仕組みです。

例えば男性会員が40万人以上いる大人気の「エンジェルライブ」ではパーティチャットの時給は最大4,500円です。

仮に30分間10人の男性とパーティチャット(のぞきちゃっと)すれば30分間で22,500円の報酬をもらえます。

人気チャットレディになれば数十人の男性とパーティチャットすることもありますので、ハーフということで男性の注目を引き、そこで過激なパフォーマンスを見せれば物凄い数の男性がログインしてくれるかもしれません。

パーティチャットではなくて男性とチャットレディのふたりきりのチャット(ツーショットチャット)での最大時給は6,000円になります。

ライブチャットはネットならではの稼ぎ方で、男性からの支持を得られればトップクラスの風俗嬢以上に稼ぐこともできます。

ハーフ女性は映像ごしでも目立ちますので、ぜひチャレンジしてみてください。

おすすめのパソコンライブチャットは

です。

どちらも男性会員数が多く、パーティチャットがとても賑わいます。

ライブチャットの様子を動画で録画して、それを投稿してお金を稼ぐことも可能ですので自分がサイトにログインしていない時でも報酬が発生する仕組みを持っています。

なので過去のチャット動画を撮りだめして徐々に公開して稼ぐ、ということもできます。

昼の本職があるような人にとっては働いていない時間も稼げることになりますので、積極的に活用してください。

ここからはバイト探しのコツなどを解説します。

ネットで調べても詐欺のハーフ専門店などにひっかかるかもしれない

ハーフにはそれだけで価値があることは説明しました。

悪質なお店はそのことに目をつけて日本人女性しかいないのに、「ハーフ専門店」としてお客さんを集めてトラブルを起こします。

そのようなお店で働くと本物のハーフなのに自分の価値を低く売ってしまうことになりかねません。

そもそも男性客を騙すような悪質なお店なのでいつ警察に摘発されてもおかしくありませんし、そのようなお店は大抵女性への待遇も良くありません。

よってネットで検索して直接お店を探すのはおすすめしません。

ハーフは売り手市場なのでスカウト型が圧倒的有利

風俗系の求人情報サイトにはスカウト型というものがあります。

スカウト型は

という仕組みがあります。

登録された情報を見て、女性が希望する条件を満たしていれば、風俗店の採用者がスカウトメールを送ってくれます。

なので、最初から

などを条件として設定しておくと楽です。

自分の外見がわかる写メを登録しておくと高級店からスカウトをもらえる確率が一気に高くなりますのでおすすめです。

スカウト型の求人情報サイトの中では

このふたつが特におすすめです。

東京や関東中心で働きたいならQプリは特に関東地方に強いのでおすすめです。

ぴゅあじょは全国を網羅している感じですね。

自己PRに自分がハーフであること(どこの国とどこの国のハーフかを記載するとなお良い)と、それを証明できるような写メを登録しておけば完璧です。

スカウトがたくさんのお店から来て困るかもしれませんが、条件が良いお店から順番に面接していきましょう。

面接の日時設定の前に男性客からのそのお店の評判を調べておけば変なお店に面接にいかずに済みますので手間になりますが男性客の口コミをチェックすることをおすすめします。

スカウトということで補足しますが、路上などで女性をスカウトする風俗スカウトマンを利用するメリットは特にありません。

色恋営業などで逆に変なお店に送り込まれる可能性もありますので、風俗スカウトマンに仕事を探してもらうよりかはネットのスカウトサイトに登録した方が自分のペースでじっくりお店を判断することができます。

ハーフだからバンス(給料前借り)がしやすいなどのメリットも

何か理由があって借金などがある場合はバンス制度を利用するのがお得です。

バンス制度は簡単に言えば勤務する風俗店から給料を前借りすることです。

普通はある程度実績がないと給料を前借りすることができませんが、風俗業界でのハーフ女性は売り手市場なので「給料を前借りさせてくれるお店でしか働かない」などと強気に出ることもできます。

もちろんちゃんと返済しないととんでもないことになりますので、前借りしたお金はしっかり働いて返済してください。

ただ、このようにある程度良い条件をもらえるように事前に交渉することもできる、ということを理解して面接に臨みましょう。

バック率や個室待機など、自分がすこしでも良い環境で働けるように交渉することはとても大事なことです。

入店後に実績を出して待遇を良くしてもらうことも可能ですが、入店前に交渉して最初から良い待遇で働く方がずっと楽なのは間違いありません。

この記事を読んだ人におすすめの職種一覧

この記事を読んだ人におすすめの記事

Qプリ広告