本指名の重要さを理解していない女性が多い
Qプリ広告

本指名の大切さを知っておこう

風俗やキャバクラでは「フリー」「指名」「本指名」の3つのパターンで仕事が入ります。

その中でも最も大事にすべきなのは「本指名」です。

本指名が増えると安定した収入に繋がりますし、給料アップも狙えます。

残りわずか日給9万円保証の風俗求人はコチラで確認できます

本指名のメリット①:収入が安定する

お金を持つ女性

本指名のお客さんはキャストを気に入ってる証拠です。

そのまま掴み続けたら定期的に通ってくれます。

そのため、本指名の数が増えると安定した収入に繋がります。

風俗嬢は本指名がないと不安定な給料になりがちです。

本指名のメリット②:予約がキャンセルされにくい

綺麗な女性

本指名のお客さんの予約はキャンセルされにくいです。

初めてのお客さんの予約はキャンセルされてしまうことが多々あります。

風俗では特にキャンセル料はかからないので、キャンセルは風俗嬢にとってデメリットでしかありません。

本指名のメリット③:バック率が上がる(給料アップ)

お金をばらまく女性

ほとんどの風俗店は「本指名率」か「本指名数」でバック率を上げてくれます。

60分1万円のバックだったのが60分1万2000円に給料アップしたりします。

この数千円の上昇が風俗嬢にとって恩恵が大きいです。

多くの風俗店は、1ヶ月の本指名の本数に応じて、翌月のバック金額を変動したり、ボーナス(賞金)を贈呈したりしています。

本指名のメリット④:本指名料は料金が高い

男性からお金を貰う女性

フリーの相場は0円で、ネット指名の相場は1000円で、本指名の相場は2000円です。

指名の金額は基本的に女性にフルバックされます。

1日で本指名が3本あると6000円の給料が増えます。

フリーが3本でも0円です。

同じ仕事をこなしていても給料差が発生します。

本指名のメリット⑤:「初めまして」じゃない

カップル

風俗のお仕事をしていると仕事の大半は初対面の人です。

毎回「初めまして」は気疲れしてしまいます。

初めましてのお客さんだと、どんなプレイが好きなのか、性感帯はどこなのか、どんなフィニッシュが良いのか、どんな趣味なのか、どんな人柄なのかを把握してない状態での接客になります。

本指名のお客さんの場合は、一度接客したことがありますので、覚えていれば接客が楽になります。

お金がお金を生む状態になります。

本指名のメリット⑥:精神が安定する

お金を持ってる女性

本指名の本数が増えてくると精神が安定します。

「今日お茶ひきだったらどうしよう…」

「今日いくら稼げるかな…」

なんて不安を抱えなくてよくなります。

本指名が多い女性の特徴

風俗嬢の特徴まとめ!売れない原因は”あること”に気づいてないだけ

本指名はただただ適当に接客をして取れるものではありません。

ちゃんと作戦をたてて、対策して、相手に対応して本指名で呼んでもらえるようになります。

本指名が多い女性には特徴があります。

細かいとこまで気を使っています。

急募今すぐ働ける風俗求人を探したい女性はコチラ

本指名のコツ①:お客様を受け入れる

売れない風俗嬢の最も多い特徴がお客様を受け入れていません。

「所詮客だから」なんて思って適当に接客していては可愛くても本指名は取れません。

嫌そうにフェラしたりしているとお客様はすぐに気付きます。

2回目呼んでもいいかなと思わせることが出来ないと本指名に繋がりません。

本指名のコツ②:常に笑顔

男性は高額なお金を支払って風俗に通っています。

お金を払ってついた女の子が全然笑顔でなかったら楽しくありません。

お客さんのつまらない冗談でも笑ってこなす女性は強いです。

本指名のコツ③:匂いケアしてる

風俗やキャバクラでは、男女の距離が近いです。

なので、匂いは非常に重要なポイントになります。

髪の毛の匂い、体臭、マンコの匂い、口臭など身体のあらゆる匂いを気にかけましょう。

本指名のコツ④:綺麗なピンク色のマンコと乳首

風俗嬢は裸になって仕事を行います。

そのため、デリケートゾーン(マンコや乳首)はお客様に丸見えになってしまいます。

黒いマンコや乳首ならお客様は萎えてしまいます。

「色が黒いな」と思う女性はハイドロキノンクリームを塗ってピンク色にしましょう。

本指名のコツ⑤:膣トレしてる

ソープランドでは本番があります。

膣トレしてるソープ嬢と膣トレしてないソープ嬢ではセックスした時の気持ち良さがまるで違います。

泡姫に限らず、デリヘル嬢キャバ嬢でも裏ではセックスしてお金を稼ぐ女性がいます。

風俗嬢やキャバ嬢でないとしても女性として膣トレはしておくべきです。

本指名のコツ⑥:服装を意識している

人は見た目が非常に重要です。

もちろん顔の可愛さは大事ですが、努力しても頑張れるのは化粧くらいです。

服装は今日からでも改善することは出来ます。

男性ウケの良い服装選びをすることが本指名に繋がります。

本指名のコツ⑦:体型維持(トレーニング)

風俗嬢やキャバ嬢はデブでは売れにくいです。

デブ専門店、ぽっちゃり専門店などがありますが、細い女の子の方が稼げます。

トレーニングはジムに通ってもいいし、自宅でもいいし、待機場所でもいいです。

本指名のコツ⑧:一度接客したお客様はメモする

本指名が多い女性は接客した男性の特徴を必ずメモしています。

メモする内容は男性の特徴(趣味や仕事など)」「会話内容」「好きなプレイなどです。

メモすることによって本指名があった時に2回目の本指名にしっかり繋げることが出来ます。

本指名のコツ⑨:感じる演技

風俗嬢は性的サービスが必ず含まれます。

マグロでいると本指名はまずあり得ません。

触られるのを拒否する女性は単発ばっかりで本指名が全く取れません。

男性から地雷と呼ばれて口コミが広がります。

風俗は男性同士のネットワークで口コミがすぐに広がります。

人気の女の子はより人気に、地雷の女の子はより不人気になります。

本指名のコツ⑩:店舗スタッフにはちゃんと対応する

本指名はいきなり取れるわけではありません。

「フリー」か「指名」で接客したお客様がリピートして初めて「本指名」になります。

なので、フリーやネット指名の数を増やすことが、本指名の本数を増やす重要なポイントになります。

ネット指名の場合は、写メ日記をこまめに更新したりすることで増やすことが出来ます。

フリーの場合は、店舗スタッフのさじ加減です。

真面目に出勤して、真面目に仕事をこなす女の子であればフリーを回してもらえる可能性が高まります。

キャバクラや風俗店での様々な指名方法

ドレスを着た女性

キャバクラや風俗店独特の指名方法は働く女性の給料に関係大!指名の種類をまとめました

  • 人気キャバクラやラウンジの求人情報はコチラ
  • 風俗の優良店の求人情報はコチラ

指名の有無で同じバイトでも給料・立場が違う風俗の世界

お仕事の種類によりますが、夜の仕事・水商売と呼ばれる職業には「指名」という仕組みがつきものです。

例えば「ナンバーワン」「ナンバー○」という言葉が頻繁に使われるキャバ嬢の世界において、ナンバーワンの女性とは店内のキャバ嬢の中で指名数がナンバーワンであることを意味します。

ナンバーワンのキャバ嬢はお客さんから人気があるだけでなく、収入面でも店内でナンバーワンなのです。

これはキャバクラでは「時給スライド式」という給料の仕組みを採用しているお店が多くて、指名数が多くなればなるほど時給が高くなるからです。

デリヘルやイメクラでは男性客から指名をもらうと「指名料」として1,000円〜3,000円が給料に追加されます。

1日に3人のお客さんを接客すると仮定すると、指名の有無で日給で3,000〜9,000円の差になります。

キャバクラガールズバーなどのナイト系のバイトと、デリヘルを代表とする風俗系のバイトでは指名の仕組みが少し違うので、このページでそれぞれ説明します。

キャバクラは場内指名と本指名

キャバクライメージ画像

キャバクラには「本指名(ほんしめい)・本番指名(ほんばんしめい)」と「場内指名(じょうないしめい)」の2種類の指名方法があります。

男性客がキャバクラ店に入店した時に、ボーイに席について欲しいキャバ嬢の名前を伝えることが「本指名」です。

つまり、以前にも来店した経験があって、特定のキャバ嬢と仲を深めたい男性が本指名してくれます。

これは、結果的にはキャバ嬢が男性客をお店に呼んでくれて、お店の売上げアップにつながるのでキャバクラ店から本指名をもらったキャバ嬢への評価は高くなります。

「場内指名」はヘルプやフリーなどでたまたまついた席でお客さんに気に入ってもらい、本来ヘルプやフリーなら入れ替わるのにそのまま席にいて欲しいという種類の指名です。

フリー・ヘルプで知り合う→場内指名をもらう→本指名をもらう

というステップがキャバ嬢が本指名をもらうまでの基本的な流れです。

ここまでの流れで推測できると思いますが、時給スライド式を採用しているお店では本指名の方が場内指名よりポイントが高いです。

指名数に対してのノルマを課しているお店も多いので、キャバ嬢にとって「指名数」は自分の実力を示すわかりやすい数値になります。

ガールズバーは表向き指名の仕組みはありません

女性バーテンダー画像

キャバクラと似ている仕事のガールズバーでは指名制度がありません・・・が、お店によっては女性同士の競争心を煽ったりドリンクバックによるモチベーションを上げるためにこっそりと指名制を採用しています。

指名料は0円〜1,000円くらいで安いですが、キャスト側にも指名して貰った方がお酒(ドリンクバック)をもらいやすいというメリットがあります。

公ではなくこっそり採用しているのには理由があって、ガールズバーは法律上男性客を「接待」できません。できるのは「接客」です。

男性客に対してひとりの女性がずっと近くにいて接客することは事実上接待にあたるので、このことが警察などにバレればお店は摘発される可能性があります。

事実、このような行き過ぎた営業方法で摘発され閉店してしまったガールズバーも存在します。

女性が逮捕されることはほぼ無いと思いますが、事情聴取などされるかもしれませんし、そもそも働き先がなくなってしまう恐れがあります。

もしも接客と接待のボーダーラインがわからなくなってしまった場合は、ほかのお店の女性に聞いてみたり、詳しい人に相談してみる事をおすすめします。

少しでも疑わしい場合はすぐにお店を移動したほうが良いでしょう。

デリヘル、イメクラなどの風俗店の指名の仕組み

デリヘルやイメクラなどのいわゆる風俗店の指名はキャバクラと比較するとかなりシンプルです。

指名方法は

  • ネット指名
  • 写真指名・パネル指名(ほぼ同じ意味です)
  • 本指名

この3つです。

それぞれ順に説明します。

ネット指名

男性がインターネットを利用して風俗店のホームページや宣伝広告を見て、どの女性と遊ぶかを決めるのがネット指名です。

前提として一度遊んだ女性はネット指名ができません。

初めて遊ぶ女性のみネット指名できます。

ネット指名をもらえば給料にネット指名料として追加されます。

ただ、額はそれほど大きくないです。

写真指名・パネル指名

店舗型の風俗店(イメクラやソープランド)、ホテヘルでは男性が来店した時にお店のフロントなどで、勤務している女性の写真やパネルを見る事ができます。

その場で写真を見ながら女性を指名することが写真指名・パネル指名です。

この場合はフリーとほぼ同じ扱いとなるので指名のバックはありません。

たまにバックをくれるお店もあるみたいですが、円程度であることがほとんどの様です。

本指名

本指名だけはネット指名や写真指名とは性質が違います。

本指名は2回目以降のお客さんだけが使えて、本指名料もネット指名料や写真指名料と比較すると倍くらいの値段がかかります。

多少お金を使っても指名してくれるので、本指名してくれるお客さんは長い期間常連になってくれる確率が高いです。

風俗店によっては男性から受け取った本指名料を全額女性の給料に追加してくれます。

常連さんをたくさん確保しておくことは風俗で働く女性にとって給料を安定させる最高の方法ですので、本指名してくれる男性客は大切にしてください。

下記ページに本指名数をアップさせる極意がこの記事に集約されています。

指名数ランキングの上位に入れば自然と指名数が増えます

キャバ嬢は時給制を採用しているので、出勤さえすれば指名が無くてもお給料はもらえます(しかし指名が多いとキャバ嬢の時給は上がります)。

反対にデリヘルやソープランドは完全歩合制なので出勤しても指名が無ければ(フリーのお客さんは除外します)給料は0円です。

なので指名の有無は死活問題になります。

お店によって違いはありますが指名数ランキングをホームページやお店の中に掲載しているお店に勤務した時はこれが顕著です。

指名数ランキング上位=可愛い、綺麗、サービスが良い

という風に男性は考えますので上位に入っている女性に指名が集中する傾向があります。

なのでネット指名、写真指名をどんどんもらえる良い循環になります。

もちろん指名がもらえなければ悪い循環に陥ることもあるので、たくさんの指名を貰えるよう努力してください。

また、出勤数が少なかったり勤務時間が短いなどの理由で指名ランキング上位に入れないこともあると思います。

ですが、お店のホームページでプッシュされたりすれば、やはりネット指名が増えますので良い循環が起こります。

例えば指名された時に自分が出勤していなかったとしても、お店にとっては指名されたも同然ですので評価は上がります。

日頃から頑張って仕事をしていれば、出勤の際はお店のブログで「レア出勤」などと宣伝してもらえたりするので、すぐに指名でいっぱいになる事もあるでしょう。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事