外国人観光客向けキャバクラのアルバイト

外国人観光客の急増加でニーズが増えている外国人向けキャバクラの仕事はこれから需要が増えるであろうアルバイト

訪日する外国人観光客は増えているけど、利用できる風俗店やキャバクラが少ない

日本に観光などが目的で来日する外国人観光客は2013年に1,000万人を突破して、2014年には約1,340万人が来日しました。

2020年に東京オリンピックが控えていることもあり、暫くこの増加傾向は続きそうです(2015年3月現在も円安などの影響で順調に増加しています)。

来日する外国人がたくさんいれば、中には日本の夜遊びを経験したいと思う外国人男性がいるのは当然の流れですが、実は外国人が利用できるキャバクラやデリヘルなどはかなり数が少ないです。

観光客に限らずほとんどのキャバクラや風俗店は外国人の来店を禁止しています。

中には日本語が通じる外国人だけに来店を許可しているお店がありますが、割合でいうとかなり少ないです。

別に法律で来日外国人の風俗店利用が禁止が禁止されている訳もなく、利用できないのはお店側の事情です。

日本人は外国人と接する機会が少ないせいか、英語でコミュニケーションを取れる人材が男女共に少ないです。



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!


キャバクラは風俗的なサービスを提供する場所ではなく、疑似恋愛を含むコミュニケーションを提供する場所ですのでコミュニケーションに必要な言語能力が無いと成立しづらい空間です。

それに、特に欧米などの外国では日本のキャバクラに類似したサービスが少なく、事前にルールなどを完全に把握していないで利用すると風俗店と勘違いしてとんでもないトラブルを起こしかねません。

中国人観光客が日本のキャバクラで
起こしたトラブルが取り上げられている

中国人観光客が日本のキャバクラで起こしたトラブル

海外でのキャバクラの立ち位置と日本のキャバクラとの違い

日本のキャバクラはキャストの女性が来店した男性を「接待」する場所です。この「接待」には性的サービスは含まれません。

なのに男性が高額な料金を支払ってくれるのは、男性の理想とする空間を人工的にキャバクラが作り上げているからです。

豪華なソファや内装、まわりにはスタイルの良い美女や愛嬌のある面白い女性がいて一緒にお酒が飲める、男性からしたら現実とかけ離れた天国のような空間です。

女性は擬似的な恋人のような関係になり親しく話してくれますが、自分が頑張れば本当に付き合えるかも、とキャバ嬢は男性に勘違いをしてもらうことによって高額の料金を維持しているとも言えます。

つまり環境と女性が作るその場の「空気」によって男性を魅了する訳ですね。

日本人男性は空気とか雰囲気に飲まれやすいのです。

言葉にしなくても空気を読んで行動してくれるのは日本人の特徴です。

しかし外国では「空気」を読むような習慣は日本程ありません。

キャバクラのようなサービスがお隣の韓国にはあるようですが、欧米ではキャバクラのようなものはほぼ無いようです。

もっと直接的な性的なサービスを提供する場となってしまって、あくまでもプラトニックな場所としてのキャバクラは欧米には存在しません。

このようなわかりづらさを外国人男性に説明するのは難しいものです。

日本人でさえキャバクラがどうのようなものなのかを言語化して他人に説明することは難しいのですから。

逆に日本のキャバクラを
外国のインドに輸出した人もいます

インドでキャバクラ

現在のところ外国人観光客専門のキャバクラは見当たらない

2015年現在、外国人観光客が遊べるキャバクラは見当たりません。

外国人観光客が楽しくキャバクラを楽しむ為には

  • 何がOKで何がダメなのかという明確なルール
  • 明確な料金体系
  • ドリンクバックや、アフターの明確なメリットでメリット
  • 外国語(主に英語)でコミュニケーションがとれる社交的なキャバ嬢
  • 外国語(主に英語)でルールを説明できる男性スタッフ
  • 暴れる外人の抑制力となる強面の黒服

などが必要となります。

ルールを明確にすることも難しいですし、ドリンクバックひとつにしてもなぜドリンクバックしないといけないのか、などを説明するのはとても難しいです。

キャバ嬢にドリンクを飲ませればキス1回などの明確なルールがあれば大丈夫かもしれませんが、「ドリンクをOKすれば好感度が上がります」のような日本の恋愛シュミレーションゲームのような事を伝えても外国人は納得してくれません。

キャバ嬢は意外となんとかなりそうです。英語が得意な女性は多いですし、不景気に時代で英語力はそこまで社会にアピールできる武器ではありません。

なので仕事にあぶれていてお金に困っている女性にとっては外国人と話せるので、英語力が生きる仕事ですし、英語力がさらに磨かれる場所でもあるのです。

円安が進めば外国人の富裕層は豪快に夜遊びをするようになるので愛人契約もできるかも

民主党政権時代、つまりアベノミクスがはじまる以前の円高は物凄くて、2011年には75円代まで高くなりました。

2015年3月22日現在は1ドル120円前後で推移していますので、外国人から見て当時の日本は今より物価が1.5倍高かったことになります。

このまま円安傾向が続けば日本国内で豪遊する外国人男性は増えるでしょうし、そもそも中国・香港・マカオ・シンガポールのアジア圏富裕層はとんでもない額に資産を持っています。

「おもてなし」で言えば高級キャバクラは日本でもこれ以上ないおもてなしをしてもらえる場所です。

せっかくキャバクラという文化がありますので、外国人富裕層だけにでも専門店を作ればそこでキャバ嬢として働くキャストはもちろん潤いますし、中には大富豪と愛人契約さらには結婚するキャバ嬢も増えるでしょう。

英語を勉強中の女子大生や社会人にとってはお金がもらえて勉強ができる最高の場所

英語を勉強している女子大生やOLにとっても最高の勉強する場になります。

結局語学を学ぶ最短の道は現地にいって学びたい言語を浴びるように接するか、その言葉をネイティヴレベルで操る人と接するのが一番です。

英語を使ってキャバクラでバイトしていれば自然と英語が上達しますし、社会勉強にもなりお金も稼げます。

ちゃんとしたルールの元で運営されている外国人観光客向けのキャバクラなら様々なメリットがあることは間違い無さそうです。

ただ、ルールが徹底されていない場所だとセクハラにあったり、お客さんの無礼な行動やマナーによって傷つくこともあるでしょう。

トラブルを避けたいならVIPの外国人や高級店を運営している大型グループが経営するキャバクラで働くのが安全です。

もし訪日外国人向けのキャバクラが乱立する様な時代になっても、お店選びは日本と同様慎重にしないと危険な目に遭う可能性もあるのです。

今のうちからキャバクラとコネを作るなら高級店勤務がおすすめ

外国人向けキャバクラを作りにはかなりのお金と従業員への教育が必要になります。

そうなると資金力のある大型キャバクラグループしか出店できませんので、いまのうちから大型キャバクラグループのスタッフや経営者と親しくすれば将来大きなチャンスが巡ってくるかもしれません。

となると東京都内や大阪・名古屋・福岡などの高級キャバクラで勤務するのが将来にすぐ繋がりそうです。

高級〜超高級キャバクラはかなり入店ハードルが高いですが、野心的な女性に向いている仕事ですので、求人募集などがあったら是非応募してください。



Qプリ

外国人観光客向けのキャバ嬢の仕事が気になる人におすすめの職種

外国人観光客向けのキャバ嬢の仕事に興味がある人に役立つ記事



高収入ドットコム広告画像

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね